FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。14万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

潮風の香りの中で… 106

 ひんやりとした空気に包まれていた。同時に地下空間特有のじめじめとした湿気も二人を出迎えた。
 その中でコンクリート製のプラットホームは濡れていた。よく見るとところどころ地下水がにじんでいる場所もあった。
「意外と蒸し暑いのねえ」
 しおりがあたりを見回していった。
「地下鉄の駅と違うんだなあ」
 正男も言った。予想以上に蒸し暑かったからだろう。山奥の信号所に冷房施設なんてあるわけがないから、トンネルの中と一緒だ。
 コンクリートのせまいホームがあるだけで、時計やベンチなど一切ない。非常口の明かりが点る入り口はシャッターが下りていて、どこにも行き場所はなかった。
 結局ホームをぶらつくだけで二人は列車に戻った。
「ふう、なんか汗かいちゃったわね」
「そうだね」
 結局二人はまた浴室に戻った。貨物列車なので、他に行ける場所はない。
 二人はまた生まれたままの裸になった。
「しおりお姉ちゃんいい匂いがするね」
 しおりに抱っこされた正男が言った。
「汗臭くない?」
「ううん、そんなことないよ」
 正男はあわてて否定した。すぐ目の前にしおりの超特大なミルクタンクがふたつ迫ってきていて、圧倒されそうだ。
「ありがとう」
 そういうとしおりは正男をギュッと抱きしめた。若い娘特有の甘酸っぱいような香りが彼の鼻腔に広がっていく。
「あ、しおりお姉ちゃん、お、オチンチンが熱いよう……」
 見ると正男の股間はふたたび充血し、ムクムクとそそり立ちはじめていた。
「あらあら、もうミルクがいっぱいになっちゃったのね」
 しおりはそう言うと正男の股間に触れた。ジンジンとした感覚が手から伝わってきた。
「うう……」
 正男がうめき声をあげた。
「し、しおりお姉ちゃん、お、オチンチンが熱いよう……」
 正男はべそをかくような声で言う。
「これは“治療”が必要ね、すぐに楽にしてあげるわ」
 しおりは正男を壁に立たせて言うとと半ばうれしそうにいきり立った肉棒を咥えこんだ。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

超豊満体育教師 ケリー 300

「こう立て続けに雷が落ちるんじゃ、いつになったら発車できるのかしら?」
 メリッサが窓の外を見て言った。次から次へと轟く雷鳴と雷光はまるで戦場の絨毯爆撃のようだ。
「さあ、わからないわ」
 ケリーも窓の外を見てつぶやいた。
 褐色の巨漢美女がふたり窓を眺めているので、仁太に向かって高々と尻を突き出す格好になっていて、肛門も媚肉も丸出しである。そこからムンムンと放たれる凄まじいまでの色香に仁太の股間は天を衝かんばかりに屹立していた。
(先生もメリッサお姉ちゃんもホントにお尻でっかいなあ……)
 完全に窓をふさいでいる二人の巨臀に仁太はしばし圧倒されていた。
 よく見ると二人の媚肉から極細の白いものが垂れているのが見える。いずれも仁太が膣内に出したものだ。
(お前、ほんとに元気だなあ……)
 こんな状態になっても屹立としている自分のペニスを眺めて仁太はつぶやいた。
 幸いにもまだ彼女たちは外の雷雨に気を取られていて、気づいていない。
(おい、早く静まってくれよ)
 藁にも縋る感じで仁太は自分のムスコに囁いた。
『ご案内いたします。ただいま激しい雷雨の影響で、この区間は速度規制が出ており、本線通過列車が遅れております。その影響で当駅の発車時刻が遅れる見込みです』
 ふいにアナウンスが流れた。
「あーあ、やっぱりね」
 ケリーはそういうとため息をついた。
 困惑したのは仁太である。このアナウンスがきっかけでいつこちらに彼女たちの関心が向くかわからないからだ。
「仕方ないわね、この荒天じゃ」
 メリッサがそう言ってこちらを振り向いた。
 その瞬間、仁太と目があってしまった。同時に彼のいきり立ったペニスにも。
「どうしたの? あら?」
 振り向いたメリッサの視線に仁太のいきり立ったペニスが堂々としている姿が目に入った。あれだけ抜いてもらっていたのにまだ戦闘準備万端になってるのが意外だったのか、メリッサは一瞬言葉に詰まった。
 だが、すぐに元に戻ると、
「またこんなにカチカチになってるのね」
 愛おしそうに言った。
 メリッサの言葉にケリーも振り向いた。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter