FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。14万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2018/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

超豊満体育教師 ケリー 292

「11分なら降りれるかもしれないわね」
 ケリーが言ったとき、列車の速度が落ちた。
「え、もう着くの?」
 駅を通過してからまだ2分しか経っていない。
「駅間が短いのね、きっと」
 列車の速度がさらに落ち、ポイントをわたって待避線へ入る。
 白っぽい地下の島式ホームが近づき、やがて停車した。
「もう着いちゃったのか、これじゃ降りてるヒマがないよ」
「そうね、お風呂の中で楽しみましょ」
 そう言うとケリーは仁太を抱き寄せた。
 窓の外に行灯型の駅名標が天井から吊ってあり、『洞元湖温泉』と書かれている。ここも地下駅である。構造は島式ホームが2つあり、内側の2番線3番線が本線、1番と4番線が待避となっていた。
 列車が停まっているのは4番線である。
『まもなく3番線に各駅停車片品ゆきがまいります』
 アナウンスが聞こえた。
 1両のディーゼルカーがうなり声をあげて3番線に着いた。待っていた十人ぐらいの客はディーゼルカーに吸い込まれていった。
『3番線発車します』
 ドアが閉まり、ディーゼルカーはうなり声をあげてホームを離れていった。
 列車が出て行った後、ホームは静寂に包まれた。
「なんか急に静かになっちゃったね」
「単線だし、本数も少ないから次の列車の10分前じゃないと改札は開かないのよ」
「へえ、いつもあいてるわけじゃないのか」
 仁太が言ったとき、ホームの蛍光灯が減光した。人がいなくなったのでセンサーが切れたのだ。
「こっちの列車はお構いなしかよ。これじゃ暗くて降りれないじゃないか」
 仁太がぶりぶりと文句を言った。
「じゃあ降りないで楽しみましょ。洗ってあげるわ」
 そう言うとケリーは大瓶を取り出した。
「ローションよ。これで抱っこして洗ってあげる」
「家から持ってきたの?」
「ええ、こんなこともあるかと思ってね」
 ケリーはにっこりと笑って言った。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

潮風の香りの中で… 103

 子供とは思えないほど屹立していた。
「オチンチン、すっごい元気だね」
 しおりはうれしそうに言った。
「いやだよぉ、普段のオチンチンに戻してよぉ」
 正男はべそをかきながら言った。
「わかったわ」
(本当はもうちょっと眺めていたいんだけどな……)
 若干残念に思いながらもしおりは頷いた。
「口で吸い出すよりも、今回はお風呂だからオッパイで吸い出してあげるわ」
「え、そんなことができるの?」
 正男は目を丸くして聞いた。
「うん、アタシはお姉ちゃんだからね。ふふ、こうするのよ」
 しおりは巨大すぎるバストで彼のペニスを挟み込んだ。これまで経験したことのない凄まじい快感が正男を包み込む。
「……!」
 正男は声にならない雄たけびを上げた。
「どう、気持ちいいでしょ。このオッパイでの“治療”をパイズリっていうのよ」
「な、なんか熱くて、すごいよ……」
 呻きながら正男は言う。
「これでね、正男の悪い血がぜんぶオチンチンに集まってくるの」
 しおりは乳肉に挟み込んで肉棒を擦りつけた。
「う、ううっ……」
「ほら、こうやってオッパイですると気持ちいいでしょ」
「な、なんだか空を飛んでるような感じだよ」
「でしょ。こうやってやるとね、オチンチンも成長するのよ」
「え……」
 正男はもう上の空だった。まるで怒涛のように襲う快感の波に身も心も翻弄されていた。
「あああ、あ、あついよー、あああ」
 正男が絶叫した途端、彼の肉棒は凄まじい勢いで熱く滾ったものをしおりのバストに炸裂させた。
 同時にこれまでにない快感が彼を襲う。
「すごいわ、正男、あらいっちゃったみたいね」
 ぐったりとなった正男をしおりは支え、微笑んだ。
 聖母のような笑みだった。

洪水の浴槽 37

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

超豊満体育教師 ケリー 291

「何で急にそんなこと聞いたの?」
 女乳を飲ませながらケリーは仁太に聞いた。
「いや、ただ義姉さんの前任の五木先生が保健の授業でそんなことを言っていたのを思い出してね、それでつい……」
「ねえ仁太、それじゃ赤ちゃんはみんな糖尿病になっちゃうわよ」
 ケリーがクスクス笑いながら言った。
「へ?」
「だってそうでしょ。赤ちゃんは母乳を飲んで大きくなるんだから」
「あ、ああ、そうだね」
「でしょ、だから安心してお飲み。お乳まだまだ出るわよ」
 そういうとケリーは激しく乳を迸らせた。
 仁太の口内に大量の女乳が流れ込む。味わう間もなく、ごくごくと飲み干していく。
(それにしても……母乳って飲みすぎると糖尿になるのかしら)
 ケリーは仁太の言っていたことをつぶやいた。今までそんなことを気づかなかったし、第一どうやって答えを見つけたらいいのかもわからない。
(まったく五木先生もとんでもない疑問を置いていったものね)
 最も彼女自身が母乳を飲みすぎると糖尿になるといったわけではないのだが。
(一度調べてみたほうがいいかしら)
 大量に乳を迸らせながらケリーはそんなことを考えていた。
「げっぷ、も、もうお腹いっぱいだよ」
 仁太が音を上げた。
「わかったわ、あとは……」
 そういうとケリーは残った乳を浴槽に注ぎ込んだ。たちまち湯が白く濁っていく。
「うわぁ、ミルク風呂だ」
「牛乳じゃないけどね」
 ケリーはクスッと笑って言った。
 急に外が明るくなり、列車は奈良俣ダム駅を通過していく。次は停車駅の洞元湖温泉である。
『まもなく洞元湖温泉です。11分停まります』
 アナウンスが流れた。
「降りれるのかな」
 仁太が聞いてきた。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter