FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。14万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2015/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

超豊満体育教師 ケリー 228

「それじゃお風呂に入りましょ」
 篠原先生に手を引かれて浴槽に浸かる。
『ザザザァーッ』
 お湯が滝のようにあふれて洗い場へと流れ落ちていく。シャンプーやボディソープのボトルが洪水に浮いた。
「もう、恥ずかしいから見ないの」
 先生は湯の海と化した洗い場を眺めている仁太に言った。
「先生、太ったでしょ」
「そうね、ちょっとは肥えたわ。ケリーさんと食事するとつい食べ過ぎちゃうのよ」
「ひでえ、姉貴のせいかよ」
「その姉貴にメロメロな弟は誰かしら、ふふ」
 篠原先生は微笑んで言った。
「そ、それはそれ。これはこれで……」
 仁太が弁解するように言った。
「そうなの。でもあたしとザブーンしてこんなふうに……」
 湯の中で先生の手が彼の肉棒を掴む。
 たちまち勃起する。
「あっ……」
 ザブンと湯がこぼれた。
「うふふ、勃起しただけでお湯がこぼれちゃうなんてすごいわね」
 篠原先生が感心したように言う。
「そうなの?」
「むかし弓削道鏡というお坊さん以来ないわよ」
「ふーん」
 関心なさそうに仁太は言った。
「あー、ひどいな。マジメな話してるのに」
 先生は頬を膨らませて言った。そして、
『バシャッ』
 と仁太の顔に湯をかけた。
「ひゃっ!」
 思わず顔をしかめた。

スポンサーサイト
[PR]

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter