FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2013/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

超豊満体育教師 ケリー 166

「Am……」
 ケリーは思わずイパルナ語でよがり声を上げた。
 二人っきりのときは母国語でコミュニケーションを図っていた二人である。
 双方のバストを揉みながら、ディープキスをする二人。
 それは凄まじくエロチックな光景だった。
(す、すげえ、義姉さんたち……)
 眠りから醒めた仁太の目に飛び込んできた。
 メリッサの手がゆっくりとケリーのうなじに絡みつく。そして彼女を抱き寄せる。
 二人は母国語を話しているので仁太は彼女たちが何を言ってるのかはわからない。
 だが豊満巨女同士のレズ行為はなんといっても圧倒される。
 しかも二人とも着衣のままである。
 仁太の目は血走り、それとともに股間がムクムクと頭をもたげてくる。
 メリッサの手がケリーの服の中にもぐりこんでいく。
 するとケリーがふいに顔をこちらに向け、手招きをしているではないか!
(えっ……)
 思わず仁太は目をこすった。
「ふふ、さっきから覗いていたのはわかっていたわ。さあいらっしゃい、いきり立ったオチンチンなだめさせてあげるから」
 メリッサが日本語で言った。
(俺、またはめられたのかな?)
 仁太は納得がいかなかったが、かといって据え膳食わぬは男ではないと思い、急いでデッキに出るとホームへと降りた。
 するとデッキのドアが自動的に閉まった。
「え……」
 先頭の機関車のライトがパッと点灯し、汽笛がトンネル内に響き渡った。
 そして列車は三人をホームに残してゆっくりと動き出した。
「2、ち、ちょっと待ってよ」
 仁太が叫んだが、列車はどんどん加速し、ついにトンネルの中へと消えていった。
(ど、そうしよう……)
 仁太は途方に暮れた。

スポンサーサイト
[PR]

豊満女教師 美由Ⅲ ⑯

「あわわゴメン。つい大きな声を出してしまって」
 竜次は慌ててローラに言った。
「いいのよ。何か考えがあってのことだろうから」
 ローラはそっけなく言った。
「本当にゴメン。これこの通りあやまります」
 そういうと竜次はタイル張りの洗い場に手をついて土下座した。
「もういいわ」
 ローラは竜次の手をとるとニッコリ笑った。真っ白な前歯が浴室の蛍光灯に反射してまるで宝石のようにまぶしく見えた。
「ほら、もう怒ってないでしょ」
「う、うん」
「だからこの話はもうおしまい。ね」
「わ、わかったよ」
「じゃあ仲直りの約束」
 ローラはそういうと超特大のバストを竜次に押し付けた。
 マシュマロのような弾力感と砂金を詰めたようなずっしりとした重量感が竜次に伝わる。
 芳しい石鹸の香りと肉と乳の匂いが混じり合い、竜次の股間は限界までにそそり立った。
「あら、ミーのコックはまだお怒りのようね。これはミーのプッシーの出番かな」
 ローラは妖艶な笑みを浮かべると竜次のペニスに手を伸ばす。
「い、いや、そこまでは……」
 ただならぬ気配を感じた竜次は慌てて言った。
「ノー、これは重症よ。こんなにエレクトしてるんだからすっきりさせないとね」
 そういうとローラはシャワーをとると、いきなり竜次のペニスに浴びせた。
「ひいっ、つ、冷たい」
 シャワーから出てきたのは冷水だった。
「な、なにするんだよ!」
 思わず竜次は怒りを含んだ口調で言った。
「金冷法というのがあるって聞いたから」
 まったく反省している様子もない。
「アメリカではね、どんなことがあっても先にあやまったら負けなのよ」
「ここは日本だぞ!」

潮風の香りの中で… 60

 しおりは困った顔をして言った。
「まあまあ。しおり姉さん」
 はるみが宥める。
 一人正男だけがどうしたらいいのかわからず、ただ立っているだけだ。
 車内に気まずい雰囲気に包まれた。

「お待たせ」
 ありさが戻ってきたのは発車20分前だった。
「おかえり、ありさお姉ちゃん」
 正男は駅舎まで出迎えた。
「あら、わざわざお出迎え?」
「だってしおりお姉ちゃんとはるみお姉ちゃんが……」
 正男はありさにこれまでのことを話した。
「なるほどね、でも心配はいらないわ。いつものことだから」
 ありさはあっけらかんとして言った。
「え、そうなの?」
「ええ、そうよ。しおりお姉さんああやってストレスを発散しているのよ」
「ストレスって?」
「ああ、そうか正男くんわからないわね。簡単に言うとね、たとえば正男くんが遊びに行こうと思ってドアを開けたら雨がザーザー降っていたらどうかしら?」
「そりゃ、遊びにいけないから、頭にきちゃう」
「そうでしょ。そういう頭にくることが大人になるといっぱいあるの。それが大きなカタマリになったものをストレスっていうのよ。そのままにしておくと体の具合が悪くなったりするから、ときたまそのカタマリを吐き出さないといけないの。しおりお姉さんの場合はその方法があれなのよ」
 ありさが正男を優しく諭すように言った。
「ふうん、そうなんだ」
「ええだから、きっとニコニコ笑いながら私たちを出迎えてくれるわよ。さ行きましょ」
「うん」
 正男はありさに手をつないでもらってホームの端から貨物ヤードへと向かった。
「あら、お帰りなさい。早かったのね」
 そこには満面の笑みを浮かべたしおりがいた。

超豊満体育教師 ケリー 165

「ふう、それにしても殺風景なところね、お姉さま」
 メリッサは周囲を見回しながら言った。
「仕方ないわよ、このあたりはとても山深くて平地なんてほとんど無いからトンネルの中に作るしか仕方が無いのよ」
 ケリーは言った。
 満腹で動けない仁太を車内に残して二人はホームにあるベンチに座っていた。ここでの停車時間は長いので、ホームに出てみようと思ったからである。
 山深い人口の少ない集落なので、停車する列車も少なく、次の定期列車までは3時間以上もある。だから集落の人たちがホームにやってくることはまずない。しかも集落側の出口まで百段近い階段と500メートル以上もあるトンネルを歩かなくてはならなかった。
「住んでいる人は大変よね」
 メリッサは思わずつぶやいた。
「住めば都ってことわざがあるじゃない。案外地域の人には慣れてるのかもね」
 ホームは木の駅名プレートと発車時刻表があるだけで時計すらない。列車を除けばとても停車場とは思えない雰囲気であった。
「でも私は耐え切れないかも」
 メリッサはそういうとケリーからもらったキャンディを口に入れた。非常用にケリーが持ってきたものだ。
 外気はすでに30度近くまで高くなっているが、このトンネル内はひんやりとしていた。
「そういえば二人だけで話すのって珍しいわね」
 ケリーはそういってメリッサに近寄った。
 メリッサの瞳にはケリーしか映らなくなっていた。
「お姉さま……」
 ただならぬメリッサの雰囲気にケリーは顔を上げようとした。
 だが一歩遅かった。
 ケリーの唇に彼女の唇が合わさった。ケリーは声を上げようとしたが、身動きがとれなかった。
 メリッサの手がケリーの豊かなバストに伸びていく。
 そしてその手でバスとを揉みだす。
「あうっ……」
 ケリーは軽いうめき声をあげた。
「お姉さまのバストっていつ触っても気持ちいい……」
 メリッサの声もいくぶんか昂ぶっている。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter