FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2010/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

僕らの巨女修学旅行 ④

「母ちゃん、どうしたの?」
 耕太がたずねる。
「さっき福島県の瀬川村から電話があってね、辰平叔父さんが農作業中に突然倒れて救急車で病院に運ばれたんだって。それで支度をしてこれから病院に行くところさ」
 母親は早口で言った。
「叔父さん、酒が好きだったからなあ。それで俺たちも行くの?」
「いや、運ばれた会津若松の病院は大きいからね。子供は病院に入れないんだよ。だからすまないけど留守番してておくれ」
 ここまでいうと母親は相澤先生の姿を見つけた。
「ああ、先生。こんなところから失礼します」
「お話はわかりました。大変ですね。よかったら私一晩だけ二人を預かりましょうか」
「すいませんねえ。ご迷惑をかけますがお願いします」
 そういうと母親を乗せたタクシーは行ってしまった。
「えっ、今日先生が泊まってくれるの?」
 翔太は嬉しそうに言った。
「こら翔太、少しは叔父さんのことも心配してやれよ」
 耕太が諭したが、
「やだよ、おじさん酒臭いし、俺の頭を木魚みたいにポカポカ叩くし、叔父さん嫌いだよ」
「そんなこと言っちゃダメよ。翔太くん。叔父さんだって翔太くんのことが好きなんだけど、昔の人だからそんなふうでしか愛情を伝えられないのよきっと」
 相澤先生が翔太を見ながら言った。
「ふうん、そうなんだ」
「そういうことよ。ほら、だんだん暗くなってきたわよ。早くおうちに入りましょ」
「ねえ先生泊まってよ」
 翔太はまた言った。
「そうねえ、幼い子供二人だけでは物騒だし、いいわよ」
 相澤先生はにっこりと笑っていった。
「わーい、やったー!」
 翔太は大喜びだ。耕太も嬉しいことは嬉しいのだが、わずか数日とはいえ、兄なので翔太みたいに手放しで喜ぶことはせずに、
「すいません、先生」
 とすまなさそうに言った。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

潮風の香りの中で… ⑮

「では、いただきます」
 食卓の上にはカリカリに焼いたベーコン。両面焼きの目玉焼き。マーガリンをたっぷり塗ったトースト。それに冷えたオレンジジュースとあったかいコーンスープが載って、どこにでもある都会の朝の風景だった。
「どうぞたくさん食べてね」
 ありさは微笑みかけて言った。
(ありささんの手料理ってどんな味がするんだろう……)
 一瞬、正男の頭をよぎったが、昨夜のココアはこの上もなく美味だった。だから大いに期待しているのだ。
 彼はフォークを掴むとありさが焼いてくれたベーコンを突き刺すと、そのまま口へと運ぶ。たっぷりの肉汁が口の中にたちまちあふれる。
 奥歯でゆっくりと肉を噛んだ。これまで経験したことがないほどの美味が口の中にゆっくりと広がっていく。
「おいしい! とってもおいしいよ! ありさおねえちゃん」
 それは正男が今まで食べたものよりも遥かにおいしかった。
「そう、お口にあってよかったわ。どんどん食べてね」
「うん」
 30分後には食卓の上の料理はすっかりなくなっていた。
「ああ、おなかいっぱいだよ」
 ソファに横になって正男は言った。
「うふ、いっぱい食べる子大好きよ。でも食べてすぐ横になると体に悪いんだぞ」
 洗い物を片づけて居間に入ってきたありさが言った。
「え、そうなの?」
 正男はあわてて起き上がった。
「まあ出発は午後2時ごろだから、まだ時間があるわね。少し近所を散歩してもいいし」
「ねえ、ありさお姉ちゃん」
「なあに」
「ぼく、もう一度この街に帰ってこられるかなあ」
 正男は不安げに言った。
「大丈夫よ。お姉ちゃんたちが保証するわ」
 ありさはそういって笑った。考えてみればわずか10歳までに両親を亡くしたのだから、彼の心の空洞はそんじょそこらでは埋まるわけがない。
(あたしたちがしっかりしないとこの子は道をはずれちゃうかも……)
 ありさは心の奥底に秘めていた不安をひしひしと感じていた。

豊満保育士 アンナ 150

「ふふ、社長に頼まれてね。迎えに来たのよ」
 優子はそういって笑った。『グラマラス・オレンジ』でもあった彼女はA級ライセンスを持っており、番組の中でも様々な車種の車を運転していた。
「あ、ありがとう……」
 外では弱い雨が降り始めていた。多少ながら日本海に面している宝満市とは違って、本来なら北越山脈の一部になるはずだったが、造山運動が弱かったせいで、台地になってしまった上にある台都市は気象条件があまりよくない。
 それでも明日も朝からうだるような暑さになると予報されてるだけに、この雨は涼しさを取り戻してくれる。
「じゃあ、席についてね。発車するわよ」
「あ、は、はい」
 健次は急いで空いてる座席に座った。
 バスはゆっくりと動き出した。表示は『回送』に変わっていた。
 流れてゆく街並みを見つめながら健次は昨日からのことを回想していた。わずか24時間前のことだが、それが1ヶ月以上ものことに思えた。
 次のバス停には何人かの人が待っていた。腕時計を見るとあと2分で台都駅南口ゆきが来る。たぶん彼らはそれに乗るのだろう。その横を健次を乗せたバスが通過していく。
(なんだか、特権階級の人間になったような気分だな……)
 健次は通過していくバス停で待っている人たちに申し訳なさそうに思った。
「社長から聞いたわ。会社クビになったそうね」
 ふいに優子が話しかけてきた。
「えっ、あ、ああ、そうだよ。こんなに若くリストラに遭っちまった」
 健次は半ばヤケ気味に言った。
「その言葉の使い方間違ってるわよ。リストラっていうのは英語のリストラクチャリング、ロシア語でいうペレストロイカとまったく同じ意味で『再構築』を意味するの。つまり人生や会社での『建て直し』ってこと。これは双方にとってもチャンスなんだけどね。つまりプラスにとるか、マイナスにとるかでその後の人生は大きく変わっていくものなのよ」
 優子のいう通りである。今日成功者と呼ばれている人の中にはリストラまではいかないが、上司のイビリに耐え切れなくなって一念発起して会社を興し、成功した人も少なくないのだ。
「じゃあ、ボクは」
「健次さんもいよいよそのときがきたのよ。セカンドステージで成功するか否かは君の努力次第なのよ。私たちはほんのお手伝いをするだけ」
 そういうと優子は運転席を離れた。
「わ、わ、わ」
 健次は声を上げたが、バスはさっきと変わらずに走っている。
「もう列車から出ている誘導エリアの中に入ったから、もう大丈夫よ。ムシャクシャしているんでしょ。あたしが相手してあげるわ」
 そういうと優子は健次のそばに屈みこんだ。

 

豊満保育士 アンナ 149

 健次は半信半疑のまま、いつものように会社に近いバス停に向かって歩き出した。田崎商事は自社ビルだがせいぜい5階建ての低層ビルだ。3年前にここに本社を移したのだが、もともと現会長の田崎宗右衛門の私邸がこの浅沼台にあったことからここへ移転したのだ。
 バス停にたどり着くとすでに20時近いせいでバスの便も減ってきている。次の台都駅南口ゆきは20分ほど待たねばならない。
 昼間は結構蒸し暑かったが、盆地の宝満市とは違って、夜になると風が涼しくて過ごしやすい。
 健次は空を見上げた。
 三日月が天にさしかかっていた。星もちらほら見える。
「しかし、これからどうなるんだろう……」
 健次は思わず呟いた。
 アンナに出会ってからというもの、まるで鉄粉を取り除き、クリーニングをすませた機械の歯車のように、彼の運命は急速に回り始めたのだ。その激変は想像以上の早さである。
 いったいどこへいこうとしているのか。そしてその運命の結末に何が待っているのかまったくわからない。
 健次がそんなことを考えてると台都駅南口ゆきのバスがやってきた。扉が開いて乗り込む。
 ガラガラだった。
 一瞬、健次は回送バスかと思い、あらためて行く先を見直した。
 間違いなく『台都駅南口』とLED表示で出ている。
(なんで、誰も乗ってないんだろう……)
 健次は訝しげに思った。このバスは浅沼台団地を経由する便だから誰も乗っていないこ自体ありえないのだ。
「台都駅南口ゆきです。お乗りにならないんですか」
 運転手が彼に聞いた。声からして女性のようだ。
「あ、あ、乗ります」
 健次は急いでタラップをあがった。彼を乗せるとバスのドアは閉じた。
「ご乗車ありがとうございます。大山健次さん」
 健次は飛び上がりそうになった。
「え、な、なんで、ボクの名前を」
 台都周辺のバス会社の社員に知り合いなんかいないはずだ。それに彼は営業とはいえ、どちらかといえば内勤の総務系で外での営業など皆無だった。
「ふふ、これからわかるかしら」
 運転士はそういうと深々とかぶっていた帽子を脱いだ。
「あっ、あなたは!」
「初対面だけど、あなたは私のことよく知っているはずよ」
 運転士はタレントの大村優子だった。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter