FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2010/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

豊満保育士 アンナ 142

 夏の太陽は容赦なくジリジリと照りつけ、すべてを焼き尽くすかのようだ。
「ふう、暑いな……」
 立っているだけでも汗が滲んできそうだ。これでホームに屋根がなかったら、ぐったりとしてしまうだろう。駅名はあさぎり高原だが、本物のあさぎり高原はここからバスで20分もかかる盆地駅なのだ。
 あさぎり高原までは貨物線が分岐しているが、一般旅客は乗ることができない。理不尽に思えるかもしれないが、やまと鉄道は貨物が主体であり、旅客サービスは二の次なのだ。
 ゆっくりと歩いていたのと暑い中もあって、ホームのほぼ中央にある駅弁売り場まではたっぷりと3分はかかった。
 目指すお目当ての駅弁は、山のように積まれている。
「すいません、あさぎり高原牛弁当、6個」
「はい、ありがとうございます。6,000円になります」
 いかにも高原育ちと思われる20代前半の若い売り子は慣れた手つきで駅弁をビニール袋に入れて、健次に渡した。
 ずっしりと重かった。
(ひい、これは大変だなあ)
 そう思ったとき、ふいに重みが半分になったような感覚になった。
「お持ちしますね」
 言われて顔を上げると大きなサングラスをかけた大柄の女性がいた。
「あ、あの……」
「あちらの列車ですよね」
 そういうと女性は健次の手から弁当の入ったビニール袋を取ると、スタスタと2番線に停車している『スイートドリーム号』へと歩き出す。
(え、なんで乗る列車を知っているんだろう……)
 健次は不審に思いながらも、買った弁当のことが心配で必死に後を追った。アンナほどではないが十分に大柄豊満な部類に入りそうな見事な肉づきだ。ことにジーンズがパンパンに張ったヒップのボリュームは凄まじいといっていいほどだ。
(誰なんだろう。でも、見覚えあるようなないような……)
 そんな健次の思いを尻目に女性は3号車のデッキの前に立った。扉はぴたりと閉じられている。
 女性はドアの取っ手に手をかけた。ガチャと音がしてドアが開いた。
「えっ、」
 まさか手動でドアが開くとは彼も予想していなかったのだ。
 すると女性が振り向いた。そしてサングラスを外す。
「あっ、あなたは……」
 それはオタクたちに大反響を得ている『グラマラスレンジャー』のグラマーレッドこと内田恵美子だった。

スポンサーサイト
[PR]

豊満保育士 アンナ 141

 あさぎり高原駅の構内はとても広い。ここから東都を結ぶ特急列車やあさぎり高原で行われている牧畜業の家畜や乳製品などがここから貨物列車を通して東都や西海に送られるためだ。
 ホームもローカル線の駅とは思えないほどの4面8線を完備している。ここから分岐するフジヤマ線はその名の通り日本の霊峰である富士山登山に向う観光客を運ぶためだ。
「すごく大きな駅なんだ」
 中央アルプス線に入って初めて見るターミナルクラスの駅に健次は思わず言った。おそらく彼が通勤している台都駅に匹敵するくらいの大きな駅である。
「さあ、降りましょうか」
 すっかり身支度を整えたアンナと静香がデッキに来た。静香は顔のほぼ半分を隠すほどの広いサングラスをかけている。
 車掌室から姉の真奈美が出てきた。
「私たち、あさぎり高原で降りますので」
「ええ、静香から聞きました。実はこのあさぎり高原で私も乗務員交代するんです」
 長距離を走る特急や急行列車は必ず途中駅で乗務員の交代を行う。これは車掌区がいくつか分かれているためだ。さもないと人員のやりくりがつかなくなるからだ。
「そうなんだ。じゃあ一緒に降りるんだね」
「ええ」
 このあと西海からやってくる下りの「スパリゾート」に乗務して黒砂海岸まで行き、そして最終の東都ゆきの急行に乗務して終わりだという。
「健次さん、アンナさん、妹をよろしくお願いいたします」
 真奈美はそういうと頭を下げた。
 目指す列車は反対側の2番線に停車していた。青い客車に金のラインが1本入った客車である。
 ドアが開いた。とたんにやや蒸し暑い熱気が出迎える。
『ご乗車ありがとうございました。あさぎり高原です。車内に落し物忘れ物のないようにご注意ください』
 駅のアナウンスが3人を出迎えた。
「じゃあお弁当頼んだわよ。私たちは先に車内に入っているから」
「わ、わかりました」
「頼みましたね」
 そういうとアンナと静香は急ぎ足で車内へと入った。
 めざす売店はホームの中ほどにある。健次はゆっくりと歩き出した。

豊満保育士 アンナ 140

『ご乗車ありがとうございました。間もなく「あさぎり高原」に到着いたします。あさぎり高原でお降りのお客様はお忘れ物のないようにお支度下さい。お出口は右側です。本日は人身事故の影響で40分ほどの遅れが出てますことをお詫びいたします。なお単線区間のため、当駅で上りの列車を待ちます。およそ15分ほどの停車でございます』
 車内アナウンスが流れると、「スパリゾート黒砂」号はポイントをわたって副本線に入った。この列車は臨時列車なので定時列車の運行が最優先されるためである。お風呂もついた豪華な鈍行列車といっていいだろう。
 その最後尾の1号車では、健次が服を着て降りる準備をしていた。
「はい、お金」
 アンナは分厚い財布から一万円札を一枚渡した。
「とりあえず5個でいいかしら、静香さん」
「ええ、それだけあれば十分です」
 静香も笑顔で答えた。
「というわけで6個買っておいて。あ、それから……」
 そういうとアンナも服を着出した。
「私も降りるから。ちょっと買い物にね」
「え、アンナさんも降りるの?」
 健次は呆然とした表情で言った。
「ええ、あさぎり高原駅前には婦人服や下着を売るお店があるからね。それと……」
「それと?」
「おしゃれなバスタオルも売っているのよ。ここは東都からも多く観光客が来るから。実際にここ始発の東都行きの特急列車もあるくらいだから」
「バスタオル?」
 健次は訝しげに聞いた。
「だって世紀のグラビアアイドルとこれからいっしょに入るんだから、それにふさわしいバスタオルと下着が必要でしょ。それなりの格好をしないとね」
 アンナの話を聞いて健次はハッとなった。
「さっきは健次さんの会社の前でザブーンしただけよ。凄かったわよ出たらお湯が6分の1くらいしか残っていなかったんだもの。6分の5もあふれちゃって面白かったわ」
「次は正真正銘の私とのラブラブおふろですから。一応現役のアイドルなのでこれでも力あるんですよ。健次さんとのラブラブおふろは事務所の許可も姉に話して鉄道管理局の許可もとりましたから。次のあさぎり高原で私たちは反対側の豪華列車「スイートドリーム」号にお乗換えです。続きはそこで」
 そういうと二人の豊満巨女は服を着て、身支度を整え始めた。

豊満保育士 アンナ 139

 それにしても人間の運命なんて想像できないものだ。
 昨日までの運命が続いていたのなら、今頃は会社でまた上司にねちねちといやみを言われながら仕事をしていただろう。そしてそれがずっと続くことに嫌気がさし、会社を辞めようと思ったのかもしれない。
 それがアンナに会ったことで今こうして憧れの存在でしかなかった豊満激ぽちゃアイドルの吉葉静香と出会っただけでなく、一緒にお風呂に入るというとても想像なんてできなかった体験までしたのだ。
 いま健次の目の前には生まれたままの姿でいるアンナと静香が優しい微笑をして眺めている。夏の陽射しを浴びて明るい車内にいる彼女たちは神々しいほど眩しく、まるで天女そのものに見えた。
(すべては中尾先生が導いてくれたんだ……)
 健次はそう呟くと中尾先生の成仏を心より祈った。
 そんな彼の思いを乗せて列車は着実に彼女の墓があるG県へと近づいていく。車窓から見えている景色が都会から徐々に丘陵地帯へと変わってきた。
『ご乗車ありがとうございます。5分ほどで「あさぎり高原」へ到着いたします。お忘れ物ないようにお支度ください』
 車内放送が流れると列車の速度が落ちてきた。
「そういえば、次のあさぎり高原駅には『あさぎり高原牛カルビ弁当』というおいしい駅弁があったわね」
 アンナが思い出したように言った。
「そうですね。私もこの駅弁が楽しみでいつも寄るんです」
 静香が思い出しながら言ったとき、彼女のおなかがグーッと鳴った。
「あらあら、アイドルとは思えない凄い音ね。静香さん」
「すいません。なにしろ東都出発以来、何も食べてないので」
「そう、それは大変ね。だったら例の駅弁買わないとね。ねえ健次さん」
 アンナはそういうと彼にアイコンタクトをした。要するに使い走りをしてくれというわけである。
「わかったよ。俺が買ってくるよ」
 健次はそういうと服を着た。その間にも列車は減速している。
「え、健次くんが行ってくれるんだ。悪いわね」
 さっき自分が指示したことなどサラリと忘れてアンナは言った。
「え、いいんですか、本当に」
 今度は静香が聞いた。
「ふふっ、いいのよ。私たち相思相愛の仲だから。だからツーといえばカーよ。さあ、私たちは列車で待っていればいいのよ。そのかわりお礼は」
「ハイ、私たちのカラダでたっぷりと払ってあげますから」
「そういうこと。じゃ頼むわね」
 二人の豊満巨女は幸せたっぷりに言った。

遅れてきた春一番 ①

 毎年この季節になると一喜一憂する人が2種類出てくる。一つは会社のサラリーマン。この時期に転勤の内示を打診されるからだ。そしてもう一つは受験生である。
 ここ中部地方の地方都市でもそれは例外なく訪れる。
「ダメかあ」
 信州中央大学の入口に貼られた合格者一覧を見て、内田智弘はがっくりとなった。
 彼の手にしている受験番号は『493』番である。掲示板には『492』と『494』がある。ジャンボ宝くじなら前後賞獲得おめとなるのだが、受験ではそうはいかない。
 しかも2浪決定である。ここが彼にとって最後の砦だったのだ。
「あーあ、両親になんていえばいいんだよ」
 彼の出身地は岐阜県の山間部で、両親は農業に勤しんでいる。だから実家はそれなりに裕福だ。
 彼は身長160センチくらいしかないのに体重は80キロを超えている。いわゆる典型的なオタク体型である。去年の暮れには東京に行き、秋葉原やコミケ、メイド喫茶も満喫した。
「やっぱり予備校通わないとダメかな」
 智弘はそういうと大きなため息をついた。
 まあ、本来勉学に勤しまなければならない時期に遊びほうけていたのだから、この結果は当然といえば当然だろう。
「さて帰るとするか」
 智弘はゆっくりとした足取りでキャンパスを出た。そのままバス停まで歩く。
 アパートに戻るにはバスで須坂駅前まで出て、そこから私鉄に乗り換える。運がよければ30分あまり帰れるはずだ。
 だが、バス停に向って歩き始めたとき、後ろから須坂駅行きのバスがやってきた。そのまま彼を追い越し、300メートル先のバス停に向う。
「なんてこったい」
 ようやくバス停が見えたとき、さっきのバスはエンジン音高らかにバス停を去っていった。
 やっとバス停にたどり着いた。
 時刻表をみると今のバスが11時53分の便だったらしく、次は12時32分までない。信州中央大学は2年前にオープンしたばかりの新設大学でまわりに人家はほとんどなく、造成地が広がっているだけなのだ。その3分前に始発のバスが出たばかりで、高山村役場からの便を待つほかない。
 ほどなく反対側車線を高山村行きのバスが轟音と共に走り去っていった。このバスが高山村まで行って折り返して来るのが次のバスである。
 合格発表が行われるので午前中は増便されていたが、その増便も11時台でおしまいだった。
「くそ、寝坊するんじゃなかったな」
 智弘はそういって自分自身に悪態をついた。

僕らの巨女修学旅行 ③

「それよりももうこんな時間よ。早く帰らないと両親が心配するわよ」
 相澤先生は我にかえって言った。
「あ、いけね。母ちゃんに怒られちゃう」
 耕太は暮れはじめた空を見て言った。さっきまでの明るさは徐々に消えていき、夜の闇が東の方角からゆっくりと村全体を覆いつつあった。
「ほら、ごらんなさい。しょうがないわね二人とも。送っているからどちらか乗りなさい」
 山香家まではここから500メートルほどある。こんな薄暗くなった中を児童だけで帰すのは担任としてためらいがあった。
「おい、翔太じゃんけんして勝ったほうが先生の後ろに乗れるってことにしようぜ」
「やだよ、俺じゃんけん弱いの知ってんじゃんかよ」
 翔太はプーッと頬を膨らませて言った。
「だから、『最初はグー』でどうだ? これなら公平だろ」
「もう仕方ないなあ。兄ちゃんわかったよ。それでいいよ」
「よーし、じゃいいか。負けても恨みっこ無しだからな」
「うん、いいぜ」
「よし、じゃあ、最初はグー、ジャンケンポン!」
 兄の耕太はパー、弟の翔太はグーを出した。
「ちぇ、兄ちゃんは強いなあ」
 負けた翔太は思わず言った。
「悪く思うなってこれも勝負だからな」
 そういうと耕太はハーレーに乗ろうとした。
「コラ、私を無視して二人で決めないの」
 相澤先生は呆れたように言った。
「あ、先生、すいません」
 悪びれたように耕太は言った。
「まったくもう。しょうがないわね。私もバイクを押していくから三人で歩きましょう」
 相澤先生はやれやれという口調で言った。
 田舎なので豆電球を傘にはめ込んだ昔の外灯の下を三人は歩き出した。が200メートルもいかないうちに後ろからタクシーがやってきた。そのまま三人を追い抜くとそのまま山香家の方角に走っていく。
「何かしら? こんな時間にタクシーなんて」
 そのまましばらく歩くとさっきのタクシーが戻ってきた。そして三人の前で停止した。
「耕太たち、ここにいたのかい」
 乗っていたのは二人の母親だった。

潮風の香りの中で… ⑫

「うん、わかったよ。ありさお姉ちゃん」
 正男はニッコリと笑って言った。
「さあ、あったかいうちに飲んでね。そのあとベッドでオチンチンの治療してあげるから」
 ありさはそういうとカップに残っていたココアを口に含んだ。そしてそのまま正男の口の中に流し込む。この上ない最高の味つけとなって美味になったココアが彼の喉を通過していった。
「ごちそうさまでした。おいしかったよ。でも……」
「なあに」
「オチンチンすっごく熱いよ。ねえボク本当に大丈夫なの?」
 正男は心配そうに聞いた。
「大丈夫。今のココアの中にお姉ちゃん特製のおクスリを入れておいたら、正男くんの体の悪いものはみんなオチンチンに向けて集まってきているのよ。だから熱いのよ。さ、お姉ちゃんが悪いものを治療してあげるからベッドに行きましょ」
「うん、こっちだよ」
 まるで大きな白雪姫を案内する小人のように、正男はありさを寝室に案内した。
 正面には勉強用の机があり、その隣にベッドが置いてある。亡くなった母親と同室だったようだ。
 ありさがベッドに腰かけるとその重みでマットレスが大きく沈んだ。
「すごいなあ。ありさお姉ちゃんって」
 正男はしみじみと言った。
「こら、そういうことは男の子として口に出しちゃダメなんだぞ」
 ありさは軽くメッをして言った。
「ごめんなさい」
 泣きそうな声で正男は言った。
「わかればいいのよ。さ、オチンチン出して」
 ありさはそういうと正男のパジャマのズボンをブリーフごと下ろした。
「まあ、すごいわね」
 出てきた彼のペニスを見て思わずありさは言った。まるで赤黒くなったポークビッツのように可愛いが、これ以上はないほど猛っていた。
「は、恥ずかしいよ……」
 羞恥に満ちた声で正男は言った。
「ううん、恥ずかしくないのよ。これは治療なんだからね」
 ありさは優しく言うと目の前のペニスにゆっくりと舌を這わせていった。

豊満保育士 アンナ 138

 ガタンと列車が揺れた。その拍子で健次は目を覚ました。
「ふふ、おはよう。赤ちゃん」
「おはようございます。いい寝息立ててましたよ」
 アンナと静香の慈母のような笑顔が彼を出迎えた。
「あ、ど、どうも……」
 慌てて健次は起き上がった。
 寝ている間に浴室から連れ出され、ファーストキャビンの畳の上に寝かされていた。
 窓から見ると列車はすでに台都市街地を過ぎ去っているのがわかった。両側には南北両日本アルプスの山々が急速に迫ってきているのが見えた。
「さっき上野樹駅を発車したところですよ。あれからもう40分近く経ってます」
 静香が笑顔でいった。上野樹は台都からおよそ30キロ離れている。
「もう、そこまでいっていたんだ」
 健次はそういって起き上がろうとしたとき、自分はまだ裸でいることに気がついた。いや自分だけじゃない。アンナモ静香も素っ裸でいることにも気がついた。
「わ、わ、静香さんマズイよ」
 こんなことがバレたらいっぺんでどんなスキャンダルよりも強烈だ。
「もう忘れたの? 窓はマジックミラー式のガラスだから宝満駅を発車したときに素っ裸でバイバイしたじゃない」
 アンナが笑いながら言った。
「あ、そ、そうだった」
「でしょ。これからしばらくは山間部の人口希薄地帯を通っていくからしばらくは安心よ」
 アンナは自信たっぷりに言った。
 中央アルプス線はその名の通り日本の南アルプスと北アルプスの峻険な山々の間を縫うように走る路線だ。このあたりは盆地やV字谷など風光明媚な場所が多くそれだけ険しいところだ。
 このあたりはかつて巨大ダム建設がいくつも計画されたが、道路を通すことの困難や迂回ルートのトンネルを作るにも大地溝帯に近く地盤が軟弱でたえす湧水や地盤崩落が起きやすいことから当時の交通省が農水省に猛抗議し立ち消えになったことがあった。
 列車はそんなところに巧みに張られた線路の上を50キロあまりの速度でゆっくりと動いている。だんだんと山が急激に迫ってくる。
「そういえば『ざっぶーん』は成功したの?」
 健次がふと思い出してたずねた。
「ええ、大成功したわよ」
「ハイ、面白かったですよ」
 二人の豊満巨女は楽しそうに言った。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter