FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2009/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

豊満保育士 アンナ 120

「ああ、太い……それにとってもおいしいわ……こんなおいしいオチンチン初めてよ」
 ぶッ、ぶぐッと咥え込みの淫音を立てながら、おいしそうに静香はペニスに食らいついている。
 テレビでしか見たことのない有名な豊満アイドルが、今自分といっしょに入浴してペニスをしゃぶっている。通常ではありえない展開に彼の性欲と嗜虐心をかき立てる。
「うう、静香さん、すごいよ、出ちゃいそうだ」
 凄まじい射精感と戦いながら、必死でこらえている健次が言った。
「うふっ、出ちゃってもいいですよ。みんな呑んでさしあげますわ」
 そういうと静香はストロークを再開する。窓の外は下り電車が近づいたせいかどうかこの暑いのにカチッと背広を着込んだサラリーマンが二人ホームに上がってきたのが見える。臨時停車しているスパリゾートをものめずらしそうに眺めているようだ。
 だが、中でこんな事態になっているとは思うまい。
 一方、健次も最初は戸惑っていたが、少しずつ落ち着きを伴ってきていた。今だけだが日本中が垂涎のまなざしで見ている吉葉静香を自分の女同然にしているからである。
 舌さばきを巧みに使い、亀頭から尿道口まできれいに舐めまわしたかと思えば、今度は筋に沿って舐めてさらにディープスロートで口腔の奥まで咥え込む。
(なんだか偉くなったみたいだな、俺って)
 一種の勘違いとも傲慢ともいえる感情が入道雲のように沸き起こってくる。
「だ、だめだ。彼女らが俺を偉く見せてくれているんだ」
 一瞬だが理性がそれを押し戻した。世の中にはそれができずに偉ぶっている人が多いのだが、こういう人たちほど破滅はあっという間にやってくるものだ。人間周囲の人がいてこそ偉くもなれるのだ。
 だが、成功者といわれる人たちはそのことをしっかり心に刻み込んでいる。
 そのことに気づいた健次は懸命に奉仕している静香の姿を見て、むしろ菩薩のように見えた。うっとりとした表情で彼のペニスをしゃぶっている静香は、まさに母性たっぷりの菩薩のようだ。
「うふっ、遠慮しないで出しちゃってくださいね」
 慈愛に満ち満ちた表情で静香は言った。
「あ、ありがとう…・・・で、でも、もう出ちゃう……ううっ」
 その瞬間、静香の口内で健次のペニスは大きく膨らみ、こらえていた精液を鉄砲の弾のように押し出した。たちまち彼女の口内はザーメンで満たされ、口からあふれそうになる。
「ああっ、ご、ごめんなさい」
 健次はあやまったが、下半身はぴったりと彼女の口内に精液を噴水のように発射しまくる。ついに口からあふれ、豊満な静香の体に滴り落ち、そしていっぱいになった浴槽からザアザアとあふれている湯に洗い流されていく。
 ごくごくと彼女ののどが鳴る。静香は文句なく一滴残さず胃に収めてくれた。
「とってもおいしかったわ。あなたのミルク」
 ゾクッとした美貌をこちらに向けて静香は言い、出しっぱなしの湯を止めた。
「今度は私を洗ってね、あ・な・た」
 満面の笑みを浮かべて彼女は言った。
 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

豊満保育士 アンナ 119

 臨時特急『スパリゾート黒砂』は、南台都駅のホームに停車した。
 南台都は東都方面に向う列車のみが待避できる構造で、普通電車と朝夕の通勤快速しか止まらない。それ以外はホームのない本線を通過していくだけだ。
 この浴室は進行方向に向って右側にあるから、窓を開けても通過線の向こうに下り本線があり、その向こうにホームがあるから、覗かれる心配はまずない。
 健次と静香は窓の中からそっと覗いてみた。人身事故の影響で台都・宝満方面は今もダイヤが乱れているらしく、下りホームにはほとんど人気がない。
「お湯がたまるまで健次さん洗いっこしましょ」
 窓を開けたまま、静香はたっぷりとボディソープの木桶の中に入れて、お湯を満たす。
「このボディソープはアメリカのBBW女優たち愛用の特別品なんですよ」
 静香はそう言うとそのボディソープを満遍なく豊満な女体にまぶした。
「さあ、洗ってあげるわ」
 健次を洗い場の床に座らせると静香は彼の体にボディソープをつけた。胸と腹そして股間へと彼女の手が伸びていく。
「ふふ、ココはとくに念入りに洗わなきゃ」
 妖艶な笑みを浮かべて、静香が健次のペニスを掴んだ。すでに猛々しく屹立していて、射精寸前の状況である。
「健次さんのオチンチンは私のお口で清めてあげますね」
 静香はかがむと顔をペニスに近づけて、ぱっくりと口に咥えこんだ。
「うっ!」
 思わず健次は息をのんだ。静香が舌を巧みに使って舐めてきたからである。
 まるで生きもののように彼女の舌が健次のペニスに絡みつく。
 ぶッ、ぶぐッ、ぐぶッと淫音を立てながら、まるでキャンディー棒を舐めるように静香は咥え込む。ねっとりと彼女の唾液がクモの糸のようにペニスに絡んでいく。
 魑魅魍魎が跋扈する芸能界という世界を生き抜いてきただけのことはあって彼女のおしゃぶりは絶品であった。
「ああ、とってもおいしいわ……」
 上気した美貌をチラリと見せながら、静香はハスキーにつぶやいた。体が肉の欲求に昂ぶっているのがわかる。凄まじいエロチックな美貌だ。
 静香はこれまで見せたことのない妖艶な表情とムンムンとした色気を健次だけに見せていた。

豊満保育士 アンナ 118

「ねえ、健次くん、聞いてるの」
 アンナの声で健次は過去の世界から現実に引き戻された。
「え、ああ、アンナさん」
「まったくボーッとしているから湯あたりしたかと思ったわよ。でもよかった。ほら、豊満アイドルさんがお待ちかねよ」
 アンナが指差した先にはお湯のコックを全開にしたまま、溜まっていくお湯を嬉しそうに見つめる静香の姿があった。
 小判型の湯舟はさっき沖名先生と入ったので湯が半分近くになっていたが、次第に満杯になろうと努力しているようにも見えた。
「健次さんは、私といっしょにおふろに入る初めての男の人なんですよ。思いっきり甘えてくださいね。なんでもしますから」
 これ以上はない満面の笑みで静香はいった。歯並びのいい真っ白な前歯が宝石のようにまぶしい。
「じゃ、あとは二人に任せて、私は部屋で待ってるわね」
 そういってアンナは浴室を出て行った。
 さんさんと日光が降り注ぐ白昼の浴室に健次は吉葉静香と二人きりになった。ドラマ『元気だけがとりえです』で時折見せる素肌が今は一糸纏わぬ全裸だ。
 想像以上のグラマラスさ、そして想像以上の感動がそこにあった。
「どうですか、私の体は。アンナさんほど豊満じゃないですけど」
「そ、そんなことないよ。十分豊満だよ。静香さん」
「ありがとうございます。役作りのためにカラダ鍛えたらお肉までついちゃって」
「え、そうなの」
「恥ずかしいですけど3キロ太っちゃったんですよ、私」
 屈託のない笑顔で静香は言った。
「え、本当に。でもバストも4センチ、ウエストは1センチ、ヒップは5センチ大きくなったんですよ」
「そうなんだ、ちっとも気づかなかったよ」
「うふ、そういってくれると嬉しいです」
 静香がいったとき、列車の速度が落ち始めた。
『お知らせいたします。列車は間もなく南台都駅に停車いたします。当駅では時間調整のための停車ですのでドアは開きません』
 健次は浴室の窓を少し開けた。ムッとする熱気が吹き込んでくる。
 列車は南台都駅の構内に入り、ポイントを亘って副本線に入った。

豊満保育士 アンナ 117

「ねえ、先生。聞いてもいい?」
 浴室でお互いに洗いっこしているとき、健次がふいに聞いた。
「なあに、先生にわかることならいいわよ」
「先生は僕が小学校にいっても、こうやって一緒にお風呂に入ってくれる? まさか卒園したら先生とは他人になっちゃうの?」
 健次が不安げな様子で言った。
「うーん、これは答え辛い質問だなあ」
 中尾先生はじっと考え込んだ。間もなく彼は卒園を迎える。卒園したら先生と児童の関係も解消される。そのあとはどうするかなんて考えてもみてなかった。
(まさか、健次くん。ほんとうに私と結婚するつもりじゃ……)
 一瞬、そんな考えがよぎる。しかし実際には20歳も年齢が離れているのだ。そのうち彼にも好きな異性ができるはず。だから今は
(健次くんの不安を取り除いてあげることが先決ね)
 そう思った中尾先生は笑顔で
「大丈夫よ。今度は先生の家で『ザップーン』しましょ。あとで3階の部屋番号教えてあげるから」
 と言った。
「ほんとうに! 先生」
 健次の顔に喜色がよみがえる。
「ええ、本当よ。私ってけっこうしつこいのよ。健次くんが成人になるまでの間は私の家のおふろが『愛のザップーン会場』よ。もちろんお父さんやお母さんには内緒よ」
 中尾先生はそういうと「シーッ」のポーズをした。
「うん、わかったよ先生。誰にも言わないよ」
 健次は喜び勇んで言った。
「もう、声が大きいわよ。健次くん」
 中尾先生は苦笑しながら言った。
「あっ、ごめんなさい。先生」
 健次はとっさに声をひそめる。だが、このマンションは当時としては徹底した防音が施されており、よほどの大声を出さない限り、外に聞こえることはない。
 出していたお湯が浴槽の縁いっぱいになった。中尾先生は湯を止めると、
「じゃあ、本日1回目のザップーンいきますか」
 と言って、健次を抱っこした。

豊満保育士 アンナ 116

「はい、バンザイして」
 健次は中尾先生にいつものように服を脱がせてもらっていた。だが朝風呂というのは初めての体験であった。
「うれしいな先生と朝からおふろに入れるなんて」
「私も健次くんと朝風呂に入れるなんておもってもみなかったわ」
 中尾先生は嬉しそうに言いながら、健次の服を脱がせていく。両親が帰ってくる明後日までここは二人の『愛の巣』となるのだ。
 ブリーフを脱がせると勃起気味のペニスが露になる。まだ子供だが雁の大きさといい、すでに保育園児とは思えない大人びたペニスだった。
「うーん、オチンチンもだんだん大きくなってきたわね。順調に育っているわね」
「本当? 先生」
「ええ、それにとっても形がいいわよ。君のオチンチン。きっと将来多くの女を泣かせることになるわね」
「ねえ先生」
「なあに」
「先生にはオチンチンがないんだね」
「先生は女性だからね。オチンチンはないよ。そのかわり」
 中尾先生はジーパンとパンティを下ろして、健次のほうに爆尻を突き出した。健次にとっては象のように大きな尻である。
 真正面には菊のような肛門があり、その下あたりにはまるで刃物で切り込みをいれたような薄紅色の貝が見えた。
「わかるかしら? 裂けているのが」
「あ、は、はい……」
「これが君のオチンチンを受け入れる穴よ。女は好きな男のオチンチンをここに入れてもらってはじめて子供ができるのよ。健次くんのママもパパのオチンチンを入れてもらったから健次くんが生まれてきたのよ」
 中尾先生は諭すように言った。
「ふうーん、そうなんだ」
 健次はしげしげと先生のヴァギナを覗き込んでいた。
「ちょっと恥ずかしいな。あんまりじろじろ見ないの。健次くん」
 先生は若干恥ずかしげに言った。
「あ、ごめんなさい、先生」
「まずはキミが大人になることが先決よ。さ、おふろ入りましょ」
 中尾先生は手早く全裸になると、裸で立っている健次を軽々と抱き上げ、そのまま堂々と豊満な女体を見せつけるかのように浴室に入った。

豊満保育士 アンナ 115

 それは健次が保育園卒園を4日後に控えた日だった。両親は朝から不在で、中尾先生が初めて健次の家に『お泊り保育』をした日でもあった。
「ふふ、健次くんの家にお泊りできるなんて想像もできなかったわ」
 先生は着替えが詰まったボストンバックを下ろしながらいった。この頃では二人の間に垣根はなくなり、すっかりラブラブな恋人同士になっていた。
 玄関のドアをロックすると健次はさっそく中尾先生の大きなオッパイにむしゃぶりついた。健次と出会ってから先生のバストは4センチも大きくなっていた。
「もう、困った子ねえ」
 まんざらでもない声で先生は言った。すでに健次の両親を介して園長の了承を得ているので、公になっても困ることはない。
「だって、もう4日も先生と会ってないんだもの。寂しかったよ」
 実はここのところ中尾先生は体調を崩して2日ほど保育園を休んでいたのだ。そして彼女が回復と同時に健次が最後の『お泊り保育』の日になってしまい、結局4日会えなかったのだ。
「そうだったわね、寂しい思いかけてごめんね」
 中尾先生は健次の頭を撫でながら言った。両親が共働きでしょっちゅう家を留守がちにしている健次は、幼い頃から母親に甘えるということがあまりできず、その対象を中尾先生に求めてきていたのだった。
「先生、もう体大丈夫?」
 健次が心配げに聞いた。
「ええ、もうすっかり大丈夫よ。このとおり元気になったわ」
 中尾先生は両手で力瘤を作りながら笑っていった。
「よかった。先生早くおふろに入ろうよ」
「ええ、もうおふろなの。まだ朝早いわよ。でも、健次くんが入りたいなら仕方ないわね」
 そういいながら先生はボストンバックを開けると、新品のバスタオルを2枚取り出した。
「ふふ、私と健次くんのおそろいのバスタオルよ。ちょっと奮発しちゃったわ」
「うわあ、おそろいのバスタオルだ」
 健次は興奮気味に言った。
 ピンク色のバスタオルは刺繍が入っていて、ローマ字で『KENJI&NATSUKO』と入っていた。中尾先生が特別に入れてもらったものだ。両親が帰ってくるのは明後日の夕方。それまでこの部屋は健次と中尾先生の二人っきりである。
 まだ朝の8時を回ったばかりで、朝日が窓から差し込んでいる。
「お待たせ、じゃ行きましょ」
 健次を抱っこしたまま、着替えをかごに入れ、二人は脱衣場に入った。

 

豊満保育士 アンナ 114

「え、いいんですか?」
 静香は戸惑ったような口調で聞いた。
「ち、ちょっとアンナさん。そんなこと急に言われても」
 健次も驚いた声で言う。
「だって健次さんは吉葉静香の大ファンなんでしょ。現役のグラビアアイドルと混浴できてエッチできるなんてそうチャンスはめぐってこないわよ。今日がそのチャンスの日じゃないの」
「そ、それはそうだけど……」
「でしょ。だったら自分の気持に正直になるべきよ。そうでしょ静香さん」
 アンナは説得する口調で言った。
「確かに自分の気持には正直でいたいですね。私もこういう仕事をやっているとなかなか本音を出すことができないんです」
 静香はそういうと大きなため息をついた。
「そうなんだ……芸能界って見た目以上に大変な世界なのね」
 アンナは同情するように言った。
「でも、私は結構楽しんで仕事していますから、そんなにストレスはたまらないんですよ」
 静香はにっこりと笑っていった。そして健次の手をとると
「私も健次さんのオチンチンに惚れました。お湯の中で私とセックスしていただけませんか」
 とあっけらかんと言った。
「ええー!」
 健次は素っ頓狂な声をあげた。
「あら、そんなに驚くことないじゃない。天下のグラビアアイドルを惚れさせるなんて並大抵のことじゃできないわよ」
 アンナが後押しするように言った。
「そ、それはそうだけども……」
 健次はアンナが何を考えているのかわからなくなった。やはり中尾先生とアンナは似て非なるものなのかとも思った。
「勘違いしないでね。私は大山くんのことが好きよ。でも、あなたを束縛したくないの。夕べ一緒にお風呂に入ったとき、ピーンときたの。中尾先生がなんで命を張ってまであなたの言うことを聞いたんだろうって。それは健次さんが相手の器を大きくする「招福のオチンチン」を持っているからよ。このオチンチンは世界中の女性を幸福にするはずよきっと」
 アンナの言葉で健次は鈍器で頭を殴られたような感じになった。記憶が一気に脳みその底から湧き上がってきた。
 同じことを中尾先生が言っていたのだった。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter