FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2008/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

豊満保育士 アンナ 74

「き、急に何を言い出すのよ、アンナさんは」
 胸の鼓動を急激に高まるのを抑えながら、沖名先生は言った。
「じ、冗談にもほどがあるよ、アンナさん」
 健次も慌てて言った。
「私が冗談で言っていると思ったの?」
 低い声でアンナはそういうと、キッとした目で健次をにらんだ。その鋭い視線に思わず、彼はひるんだ。
「そ、そういうわけじゃないけど、ただ……」
「ただ、何よ?」
「あ、あまりにも唐突すぎたから、その、つい、つまり……」
 健次は必死に弁解しているが、次第にしどろもどろした口調に変わっていく。彼女がこれほどまで怒った顔を見たことがなかったせいだろう。体もぶるぶると震えているようだ。
「まあまあ、健次くんも悪気があって言ったんじゃないんだから、そのへんで許してやりなさい」
 たまりかねて沖名先生が助け舟を出してくれたおかげで、アンナの憤怒の顔はだんだんと和らいでいった。
「あ、ありがとう先生」
 健次はホッとした顔をして言った。
「ところで、アンナさんはなんで急にこんなこと言ったの。よかったらわけを聞かせてくれないかしら」
 沖名先生はアンナの傍らに座ると聞いた。
「す、すみません。実は……」
 アンナはそういうと語り始めた。

 アンナが生まれたエカチェリンブルグは、ソ連時代にはスベルドロフスクといってロシア皇帝一家が処刑された場所でもある。ソ連になったものの、ボリシェビキたちからは白い目で見られ、ソ連政府も都市開発に積極的ではなく、ロシア自治国でも豊かな都市とはいえなかった。気候もウラル山脈が間近に迫るいわば『ヨーロッパ・ロシア』の辺境でもあり、冬はとても厳しかった。
 だが、州都だけあって人口も多く、工業も活発である。
 彼女の父親はスベルドロフスク州の役人であり、生活は普通の庶民と比べると裕福といえた。
 一方、アンナの母親はシベリアの都市イルクーツクでロシア文学を学ぶ日本からの留学生であった。
 悲劇はアンナが生まれて半年たった夏の日のことだった。そのときアンナ一家はブリヤート自治共和国のチタという街に滞在していた。
 
 
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

豊満保育士 アンナ 73

「そう、そういうわけだったの」
 健次から事情を黙って聞いていた沖名先生は言った。
 話は昨夜の健次とアンナの混浴のときに遡る。
 浴槽の中で豊満なアンナと向かい合うかたちで浴槽に浸かっていた健次は、ハーフ独特の彼女の色香に刺激され、湯の中でふたたび勃起していた。
「ふふ、そんなに大きくしちゃって、お姉さんとしたいのかな?」
 アンナが挑発するように言った。
「し、したいです。アンナさん」
 健次は勢い込んで言った。
 だが、アンナの返事は意外なものだった。
「今はまだダメよ。中尾先生のお墓参りがすんでから、そのかわり、墓参りが済んだら、先生の供養を兼ねてお墓の前で思う存分エッチしましょ」
「え、ええ!」
 健次は素っ頓狂な声をあげた。いくらなんでもバチ当たりなことをアンナが言ったのだ。
「これこそ先生に対しての最大の供養じゃない。ね、そうしましょ」
「う、うん……」
 こうして二人はとんでもない計画を立てていたのだった。
「気持ちはわかるけど、やっぱりそれはマズイんじゃないかしら。先生一人が埋葬されているわけじゃないんだから。お墓は」
 沖名先生はそういって戒めた。
 健次とアンナは黙って聞いていたが、アンナがようやく重い口を開いた。
「たしかに先生のいう通り、中尾家の墓には他のご先祖様も入っているんですよね。私そのことに気がつきませんでした。ごめんなさい」
 アンナはそういって頭を下げた。
「わかればいいわよ」
 沖名先生はそう言って笑った。
「あの、先生。お願いがあるんですが」
「なあに、アンナさん」
「せ、先生のことを「ママ」って呼んでいいですか?」
「ええっ!」
 今度は沖名先生のほうが驚く番だった。

豊満保育士 アンナ 72

 時間が経つにつれて健次は、自分が大それたことをしてしまったという罪悪感がこみあげてきた。いくら仕方ないとはいえ、婚約者の目の前で担任だった女教師の口の中に射精してしまったのだ。尋常なことですむわけはない。
「す、すみません。沖名先生……」
 罪悪感いっぱいの声で健次は先生に言った。
「いいのよ。アタシが望んだんだから、大山くんは謝らなくていいのよ」
 そういって沖名先生は優しく抱きしめた。
「そんなことよりも、キミの立派なモノを見ていたら欲しくなってきたわ」
「えっ!」
「どう、アタシとセックスしてみない? アンナさんとはもうセックスしたんでしょ」
 素っ頓狂な声をあげたのはアンナだった。
「あら、アンナさん。どうしたの?」
「い、いや、先生があまりにも大胆なことを言ったのでつい……」
 アンナは狼狽を隠すように言った。まだアンナと健次は1度もセックスしていない。それなのに沖名先生が「セックス」を目的に誘惑しているのだ。動揺しないわけはなかった。
「ふふ、『毒食らわば皿まで』ということわざがあるでしょ。高校時代ならまだしも、今は二人ともオトナの男女。そして二人とも裸。いつセックスしてもおかしくないでしょ」
「そ、それはそうですけど……」
 アンナは返答につまった。
「じゃあ、健次くんのオチンチンに聞いてみましょうね」
 沖名先生はそういうとすっかり射精して萎えているペニスの前に顔を近づけた。
「どう、お姉さんたちのお肉のおフロにザッブーンしたいかな」
 すると、まるでペニスに意思があるかのようにムクムクと頭を擡げてきたのだ。
「ふふ、どうやら体は正直者のようね。じゃあもうひとつだけ聞こうかな。さっきまだ童貞ですって言っていたけど、あれはどういうことなのかな」
 まるで悪戯な幼児を優しく戒めるように沖名先生は尋ねた。
「そ、それは、その通りなんです。ぼ、僕たちまだ……その……」
「その、何かな」
「まだ、え、エッチしたことがないんです」
 血を吐くような思いで健次は吐露した。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter