FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

超豊満体育教師 ケリー 276

「ちょっと、大丈夫?」
 ケリーが顔をのぞかせて聞いた。
「のぼせたのかもしれないわね、お姉さま」
 メリッサも心配げに言う。
「少し外の風に当たったほうがいいわね」
 そういうとケリーは浴室の窓を開けた。とたんにトンネル内の冷気が吹き込んでくる。
 列車はまだ停車したままだった。
「外の景色って見られるのかしら」
「このあたりは峻険な山地だからしばらくは無理そうね」
「そうなの」
 メリッサはがっかりしたような声で言った。
 二人の巨美女から発散されるムンムンとした色香が狭い風呂場に満ちている。ホームに男性がいたら全員の股間を即勃起させかねないほどの濃密さだ。
 事実風に当たっていた仁太の股間は再びムクムクと鎌首をもたげ始め、あっという間に急激にそそり立った。
 それを見た二人の美女が感嘆する。
「若いっていいわね。もう元気になっちゃって、このチンチン」
「本当ね、たくさん精液が溜まっていそう、もうパンパンね」
 そう言いながらも、彼女の瞳は濡れていく。性欲が昂ぶってきた証だ。
(や、やばいな……)
 仁太は女豹へと変身しつつある彼女らを見て思った。このままでは本能のままに搾り取られてしまうだろう。
(ど、どうしよう……)
 とにかくこの事態を何とかして切り抜けなければならない。
(神様、どうか助けて……)
 今まで神様なんて信じていなかった仁太だったが、苦しいときの神頼みとはよくいったものだ。
 そのとき、ふいに列車が動いた。発車時間がきたのだ。
「キャ」
 予想していなかったらしく、メリッサが声を上げて少しよろめいた。
 外から冷気が吹き込んでくる。それが二人の女の高揚を冷めさせる結果になった。
 仁太の神頼みが天に通じたようだ。
(ふぅ、た、助かった……)
 仁太はホッと息をついた。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

超豊満体育教師 ケリー 275

 その瞬間、二人の巨女は互いに相手を見た。
「僕にとってはケリーお姉ちゃんもメリッサさんも大好きなんだ。だから僕には選べないよ。どっちかのお姉さんの悲しい顔を見せることなんて僕は死んでもできないよ!」
 仁太は一気にまくしてて言った。
「それ、本気なの?」
 ケリーが低い声で聞いた。仁太は一瞬、ギクッとしたが、すぐに首をたてに振った。
「本当に?」
 ケリーはなおも問いただす。
「ほ、本当だよ!」
 仁太が慌てて付け加える。
「じゃあ、今日からは公平にエッチしてくれるのね。なら真実だと受け止めてあげてもいいわ」
 メリッサが言った。
「え…」
「だってそうでしょ。デリラも加わるから三人で仲良くエッチしないとね。デリラ怒らせると怖いんだから」
 メリッサが脅すように言った。
「そうよね。特に試験期間で2週間近くエッチしてないあたしは並みの回数じゃ欲求不満よ」
 ケリーが話にのってきた。
「かと言って、この年で腎虚にしちゃ可哀想だわ」
「そうね、じゃこうしましょ。3人に仲良く1日3発でどうかしら。ホントは5発ぐらい姦ってもらわないところだけど」
「3人に5発姦ったら2桁にのっちゃうじゃない。お姉さま彼を殺す気なの?」
「だから、妥協するって言ってるじゃないの、アンタつんぼなの?」
 もうこうなると売り言葉に買い言葉である。
「ち、ちょっと、やめてよ」
 いまにもつかみ合いになりそうな雲行きだったので、仁太は声を大きくして言った。顔には脂汗が滲んでいる。
 彼のただならぬ気配にケリーはすぐに気づいた。
「メリッサ、今のは私が悪かったわ、謝罪する」
 ケリーは頭を下げて言った。
「わかったわ、お姉さま。謝罪を受け入れるわ」
「ありがとう」
 二人の美女は和解できたようだ。
「よ、よかった」
 そういうと仁太は洗い場のタイルにへなへなと座り込んだ。

超豊満体育教師 ケリー 274

 三人で浴室に入ったとき、列車は一揺れして矢木沢ダム駅を発車した。
「意外と早かったわね」
「もう10分経ったんだ」
 マジックミラーになっている窓の外はトンネル内の明かりが飛び去っていく。
「当分はトンネルの中だから、多少無茶しても覗かれる心配はないもんね」
「そ、そうだね」
 仁太はそう言いながらも、二人の巨肉美女の裸に圧倒されていた。もう何度となく一緒にお風呂入ってるが、寝台車の風呂というこれまでにない場所で見るとやはり圧倒される。
 二十代後半のケリーとまだ十代のメリッサ。肉づきのよさはケリーだが、若さでいえばメリッサだ。
(でも甲乙つけられないよな。オッパイだって二人ともでっかいし……)
 もし、日本で象美人コンテストが開催されたら、間違いなく二人は本選までいくだろう。ひょっとするとグランプリをとってしまうかもしれない。
「ん、どうしたの? 急にだまりこくっちゃって」
 ケリーが聞いた。
「い、いや、なんでもないよ」
 仁太は慌てて手を振った。
「んー、なんかあやしいわね。その証拠にホラ」
 メリッサが元気を取り戻したペニスを摑む。
「わっ!」
「どっちの裸見て起っちゃったのかな」
「り、両方です」
 仁太は白状した。
「ふーん、じゃあザブーンしたいのはどっちかしら」
「え……」
「そうね、仁太に決めてもらいましょ。お互いそれがベストよね」
「そ、そんな……」
 予想外の展開に仁太は目を丸くした。完全に火の粉がこちらに降りかかってきたからだ。
「お姉さまとワタシ、どっちがいいかしら」
「え、そ、そんな、え、選べないよ……ふ、二人とも大好きだから」
 仁太は天井に響くような声で叫んだ。

超豊満体育教師 ケリー 273

「じゃあ、そろそろはじめましょうか」
「ええ」
 ケリーとメリッサはそう言うと仁太の手の拘束を解いた。長いこと縛られていたので、手首にはうっ血のあとが残っている。
「うん、これぐらいのうっ血なら心配ないわ。時間が経てば消えていくから」
 うっ血のあとを見たメリッサが言った。
「あ、ありがとう……」
「手は動く? 動かしてみて」
 ケリーが聞いた。
「う、うん……」
 仁太は恐る恐る手を動かした。若干しびれは残ってはいるものの、手は動いてくれた。
「大丈夫みたいね」
「う、うん……」
「じゃあ脱いで裸になって。私たちも脱ぐから」
「え?」
 仁太が唖然としている中、二人の巨女は服を脱ぎ始めた。そばに高校生がいようがお構い無しだ。
 ケリーとメリッサは生まれたままの姿になった。南国の果実のようにはちきれそうなバスト、巨大な半球形のヒップ。どれをとっても脂がたっぷりとのった蕩けんばかりの美女の裸体である。
「勝ったほうと一緒にお風呂に入るんだから脱いでおけば直行できるでしょ」
「一石二鳥ってヤツよ」
 二人の巨肉美女はそう言うと残っていた仁太の服を脱がせにかかった。
 たちまち、仁太も生まれたままの姿の仲間入りをすることになった。
「すごいわね、まだ10代なのにこんなに見事にそそり立って」
 メリッサがたくましく勃起した仁太の肉刀を見て言った。脱がされたときは萎えかかっていたが、彼女たちの凄まじい色香に刺激されて、一気に屹立したようだ。
「ウタマロの国の男だもんね、ジンタ」
 ケリーはそう言うといきり立った鎌首にキスをした。
「お姉さま、フライングは反則よ」
 メリッサがすかさず筋に沿って舌を這わす。
「ゴメン、じゃあ仲良くいっしょにオチンチンしゃぶりましょうね」
「賛成、栄養満点のミルクたくさん出してね。おしっこだって飲んであげるから」
 仁太相手の肉の饗宴の幕がゆるやかにあがった。

超豊満体育教師 ケリー 272

 たっぷりと唾液をまぶしてねっとりとしゃぶる。
「んー、大きくなってきたわ」
 メリッサはうれしそうに言った。
「メリッサこっち向いて」
 見るとケリーが携帯片手に写真を撮ろうとしていた。
「あら、じゃあピースしようかしら」
 メリッサは仁太の勃起したペニスを愛おしそうに口に咥えると指でVサインを出した。
 その決定的瞬間をすばやくケリーは写メに収める。
「ん、いい顔ね。いい写真が撮れたわ」
 ケリーが携帯をしまいながら言った。
「ち、ちょっとちょっと」
「なにか文句ある?」
 メリッサがヤンキーのような視線でキッと仁太をにらんだ。
「いえ……」
「なら黙ってなさい。お姉さんがとっても気持ちいいことしてあげるから」
 メリッサは再びフェラチオを再開した。亀頭に舌をのせて唾液をまぶしながらしゃぶっていく。
「ふふ、私もお手伝いするわね」
 ケリーがかがんで玉袋をゆっくりと口に頬張る。
「ううっ……」
 仁太が呻いた。巨肉美女二人のフェラ攻撃に凄まじい快感がまるでカミナリに打たれたように脳天を突き刺した。
「お姉さま、やるわね負けないわ。どっちが先に射精させるか勝負しましょ」
「面白そうね、勝ったほうが仁太と一番風呂でどう?」
「ええ、いいわ」
 すっかり二人は闘争心むき出しである。
(オレ一生、女には逆らわないようにしよう)
 仁太はこのときそう思った。
「それじゃいくわよ」
「ちょ、ちょっと待ってよ、確認のために聞くけどさ、俺ガマンできずに出しちゃっても許してくれる?」
「それは許すわ」
「先生も?」
「ええ、この勝負仁太は関係ないから」
「よ、よかった」
 仁太は安堵のため息をついた。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter