FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

遅れてきた春一番 ②

「さてと、これからどうしようかな」
 須坂駅ゆきのバスはあと40分近くない。さいわい今日はおだやかな春の日差しが信州にも降り注ぎ、周囲の残雪とはうってかわった雰囲気を出している。
「歩くか」
 智弘は歩き出した。ここで待っていても時間の無駄である。1つか2つ先のバス停まで歩けばそれだけ待つ時間が短くて済む。
 さいわい大学に向かうのとは違って下り坂であるから足もそんなに疲れない。
 歩いているとまだ冷たさを若干伴うものの、確実に近づいている春の気配に触れることができた。3月中旬ともなれば東京では桜が開花したりするがここ信州ではまだそんな気配はない。
 だが風は温かみを帯びてきている。
 次のバス停である本郷までだいたい10分程度かかったが、それでも息が切れたりすることはなかった。
 本郷のバス停は万座道路との合流点のそばにあった。
「あれ?」
 智弘は思わず声を上げた。というのも万座道路側のほうにもバス停があったからだ。高山村役場ゆきは2種類あって大学を経由しない便も何便かあったのだ。
 慌ててバス停に駆け寄る。
 時刻表を見ると次のバスまであと3分くらいである。
「歩いてよかったなあ」
 智弘はホッと胸をなでおろして言った。そんなことを言ってる間に須坂駅ゆきのバスがやってきた。
 車内もそんなに混んではなく、席に座ることができた。
「助かった」
 バスは渋滞もなく順調に走り、終点の須坂駅前に着いた。
 須坂駅は長野線と屋代線が接続する駅だ。彼のアパートがある若穂駅に向かうのは屋代線である。
 時刻表を見ると次の屋代ゆきは12時49分発である。
「20分待つのか」
 さいわいここは始発駅であるから実際の待ち時間は10分程度である。
 若穂駅までの切符を買い、改札を抜けたところで、ふいに誰かが自分の名前を呼んでいる声が聞こえた。
「おかしいな」
 須坂には知り合いはいない。人違いだろうと歩き出したとき、
「コラッ、人が呼んでいるときは返事をしなさい」
 すぐそばで若い女性が大きな声で智弘に言った。

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

遅れてきた春一番 ①

 毎年この季節になると一喜一憂する人が2種類出てくる。一つは会社のサラリーマン。この時期に転勤の内示を打診されるからだ。そしてもう一つは受験生である。
 ここ中部地方の地方都市でもそれは例外なく訪れる。
「ダメかあ」
 信州中央大学の入口に貼られた合格者一覧を見て、内田智弘はがっくりとなった。
 彼の手にしている受験番号は『493』番である。掲示板には『492』と『494』がある。ジャンボ宝くじなら前後賞獲得おめとなるのだが、受験ではそうはいかない。
 しかも2浪決定である。ここが彼にとって最後の砦だったのだ。
「あーあ、両親になんていえばいいんだよ」
 彼の出身地は岐阜県の山間部で、両親は農業に勤しんでいる。だから実家はそれなりに裕福だ。
 彼は身長160センチくらいしかないのに体重は80キロを超えている。いわゆる典型的なオタク体型である。去年の暮れには東京に行き、秋葉原やコミケ、メイド喫茶も満喫した。
「やっぱり予備校通わないとダメかな」
 智弘はそういうと大きなため息をついた。
 まあ、本来勉学に勤しまなければならない時期に遊びほうけていたのだから、この結果は当然といえば当然だろう。
「さて帰るとするか」
 智弘はゆっくりとした足取りでキャンパスを出た。そのままバス停まで歩く。
 アパートに戻るにはバスで須坂駅前まで出て、そこから私鉄に乗り換える。運がよければ30分あまり帰れるはずだ。
 だが、バス停に向って歩き始めたとき、後ろから須坂駅行きのバスがやってきた。そのまま彼を追い越し、300メートル先のバス停に向う。
「なんてこったい」
 ようやくバス停が見えたとき、さっきのバスはエンジン音高らかにバス停を去っていった。
 やっとバス停にたどり着いた。
 時刻表をみると今のバスが11時53分の便だったらしく、次は12時32分までない。信州中央大学は2年前にオープンしたばかりの新設大学でまわりに人家はほとんどなく、造成地が広がっているだけなのだ。その3分前に始発のバスが出たばかりで、高山村役場からの便を待つほかない。
 ほどなく反対側車線を高山村行きのバスが轟音と共に走り去っていった。このバスが高山村まで行って折り返して来るのが次のバスである。
 合格発表が行われるので午前中は増便されていたが、その増便も11時台でおしまいだった。
「くそ、寝坊するんじゃなかったな」
 智弘はそういって自分自身に悪態をついた。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter