FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。14万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2019/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

僕らの巨女修学旅行 22

「何してるの」
 急に声をかけられたので、翔太には逃げる間がなかった。
「何してるのって聞いているのよ、ちゃんと答えなさい」
 由布子の声がきつくなった。
「い、いや、その……」
 まるで仁王様のように翔太を睥睨している。目の前に憧れの女教師が素っ裸でいるのだが、彼にとってはエロチックよりも威厳のほうが勝っているかのように見えた。
「たしか翔太くんは勝負に負けたわよね」
「は、はい……」
 文句よりも萎縮のほうが勝っていた。
「負けたのになんでここにいるの? おかしいでしょ」
「そ、そうだけど……」
 さっきまでの翔太の態度がウソのように借りてきた猫のようにおとなしくなっていた。
「だったらなんできたの?」
「せ、先生に一言言いたくて……」
「アタシに?」
「は、はい」
「なら聞くわ。けど一番風呂の件なら無理よ」
 由布子はきっぱりと言った。
「そ、そんなぁ……」
 翔太は泣きそうな声で言った。
「慌てないでまだ続きがあるのよ」
 由布子は翔太を制しながら続ける。
「確かに翔太くんもよく頑張ったことは認めるわ。だからね、二番風呂でよければいっしょに入ってもいいわよ」
「ほ、本当に?」
「ええ、明日の朝いっしょに入ってあげる。それならいいでしょ」
 翔太にしてみれば由布子の裸が拝めることのほうが重要で、風呂の順番などはどうでもよかった。
「は、はい」
 翔太は目を輝かせて言った。
「わかったら部屋に戻ってひと眠りなさい。それともそこでナイアガラ級のザブーンショーを見物してもいいわよ」
 由布子はニッコリ笑って言った。

スポンサーサイト
[PR]

僕らの巨女修学旅行 21

 一方、その頃……。
 風呂場から聞こえてくる由布子と耕太の嬌声に翔太は苛ついていた。
(なんで兄ちゃん今回は譲ってくんなかったんだよ!)
 耕太に対する怒りが込み上げてきた。普段なら、
「俺はいいから、翔太お前に譲るよ」
 と言ってくれた兄だったのに、今回は譲ることもなく、由布子先生と一緒に風呂に入ってしまった。そのことが悔しかった。
 翔太の足は自然と浴室に向かっていた。耕太に何か一言言ってやらないと気が収まらない。
 洗面所の引き戸を開けると脱衣場と便所がある。手前の脱衣籠には耕太の子供服に混じって由布子のライダースーツやブラウスなどで山盛りになっていた。
 それを恨めしそうな目で眺めながら翔太は、ぴたりと閉じられている浴室の引き戸に顔を近づけた。曇りガラスの向こうの風呂場の様子を見るためだ。
 中で大小二つの肉色のシルエットが動いているのがわかる。大きいのは由布子、小さいのは耕太である。
(くそっ、なんでだよ、兄ちゃん……)
 翔太の心は今回だけ譲らなかった兄への嫉妬心でいっぱいだった。
 さらに怒りの矛先は由布子にも向けられる。
(先生も先生だよ。なんで一言譲ってあげてと言わなかったんだよ!)
 人間怒りで心を支配されると自分は悪くない相手が悪いと思ってしまうものだ。このときの翔太がまさにそれだった。
「じゃ、そろそろお湯に入ろうか、耕太くん」
「うん」
 二人のくぐもった声が聞こえてきた。
(畜生……)
 翔太がそう呟いたときだった。
「ちょっと待っててね」
 そういうと由布子が脱衣場の境の引き戸をガラッと開けた。あまりにも唐突だったので翔太は避けきれず、
「うわっ」
 と脱衣場の床に転がる格好になってしまった。
「ふふ、やっぱり覗いてたのね、翔太くん」
 起き上がると目の前に一糸まとわぬ全裸の由布子先生が仁王立ちしていた。
「あっ!」
 翔太の顔が青ざめた。

僕らの巨女修学旅行 ⑳

「そう、弟さんのことを第一に考えて行動してきたのね」
 由布子がしんみりとした口調で言った。
 双子ではあるが、性格がまるで正反対の翔太とは違い、耕太はどちらかといえば事なかれ主義であった。だから積極的な弟は違って、大人びて見えた。
 だが、そう見られてしまうことが耕太にとっては足かせとなっていたようだ。彼の精神がもう少し幼かったら反発するか癇癪を起していたのかもしれない。
 だが耕太の精神は大人すぎた。癇癪や反発を起こすこともなく、それがさも当たり前のように受け入れたのだった。
 人間の精神は一度寛容に受け入れてしまうと、そのことについて反発しにくくなる。耕太もまさにそうだった。
 以来彼の精神だけ急激に大人びてしまったわけだ。そしてついさっきまでがそれが当たり前だろうと思っていた。
 だが、由布子の一言がその壁を破った。彼女の一言はまさに核心を突いたのだった。
「長男だから仕方ないという反面もあるけど、やっぱり子供は素直にならないとね。今日からは先生がなんでも聞いてあげるわ」
 そういうと由布子は豊満な女体で耕太を抱き寄せた。小柄な耕太の体は圧倒的な由布子の女体に埋没してしまいそうになった。
「ふふ、可愛いわね」
 由布子はまるで我が子のように母性を含んだ声で言った。
「ああ、先生……」
 鼻腔いっぱいに広がる由布子の芳醇な香りに包まれてると耕太はまるで赤ちゃんに戻ったような感覚がした。遠い昔、記憶のはるか彼方に追いやられた赤子のときの記憶……。
 気がつくと耕太は泣きながら由布子の大きな巨乳を無我夢中で吸っていた。
「ふふ、赤ちゃんみたいね」
 由布子はまんざらでもない口調で言った。
 彼の頭を撫でながら乳を吸われてると本当に自分が母親になったみたいな妙な感覚が沸き起こってくる。
「そろそろお風呂入ろうか」
「は、はい……」
 耕太はこくりと頷いた。
 二人は立ち上がった。小さい風呂場を占領くらい由布子の圧倒的な女体が一層大きく見える。
「先生入ったらいっぱいこぼれちゃうね」
「ふふ、滝のようにザアザア溢れるわよ。私大きいから。家でもね平気でザッバーンとやってるのよ」
「す、すごいな」
「先にあやまっておくわね。お風呂のお湯なくなっちゃうかもよ」
「え……」

僕らの巨女修学旅行 ⑲

「あ、あんまり……」
「あんまり、なあに」
「せ、先生の体が……」
「私の体がどうしたの?」
「その、す、すごすぎて、その、あの」
 耕太はすっかりしどろもどろになっていた。
「そうかぁ、先生のハダカそんなにすごいかな、うふふ」
「は、はい。すごいです……」
「ほらほら、先生の体洗ってくれるんでしょ、ほら早くして」
「あ、は、はい……」
 耕太はあわててスポンジに石鹸をまぶした。そして力任せに由布子の背中にこすりつける。
「ああ、いい気持ちだわ」
 教え子に背中を洗ってもらいながら由布子はうっとりとした声で言う。
「先生大きいから大変だよ」
 耕太は若干息をせえせえとさせて言った。
「ごめんね、太っているから大変でしょ」
「いえ……」
「ねえ、耕太くん。いい加減に自分に素直になったらどう?」
 由布子は教師の口調で言った。
「え?」
 いきなり由布子が冷水を浴びせたような口調で言ったので、耕太の手がとまる。
「だってそうでしょう。翔太くんの前ではわざと自分を殺して冷静な態度を見せたり、学校でもいい子になろうとしていて大人びて背伸びした態度を見せていて。これじゃ素の自分に戻ることなんでないでしょ。もういい加減自分の心に素直になんなさいよ」
「……」
「君が長男だからって小学生のうちからそんな大人と同じ格好をしてたら、本当の大人になったとき、どっと疲れがでるわよ。そんなねただ目的もなく、黙々と仕事をするようなロボットみたいな大人になってほしくないのよ。先生はだから言うのよ」
 耕太はまるで雷にでも打たれたように呆然としている。
「やっぱり子供は子供らしく自分の気持ちに素直になってもらいたいの。私間違っているかしら?」
「いいえ」
 耕太が重い口を開いた。

僕らの巨女修学旅行 ⑱

 乳と肉の匂いが香ってきそうな乳房だ。三桁はありそうなほど大きい。
「すごいなぁ、先生のオッパイ」
 耕太は圧倒されたように言った。こんな間近で異性のバストを眺めたのは母親以来だった。
「ふふ、ありがとう」
 由布子はうれしそうな声で答えた。
「そうだ、ボクお湯に入る前に先生洗ってあげるよ」
 耕太は思い立ったように言った。
「え、い、いいわよ」
「遠慮しないで。先生にはいつも勉強を教わってるからそのお返しだよ」
 耕太はなかなかあきらめようとしない。
(困ったわねえ……)
 もちろん耕太が性交目的で言っているとは思えない。かといって、好奇心旺盛になる年頃だけにそっちへと走らないという保証もないのだ。
 かといって、強行に拒否するのもこれまた妙だ。彼の感情を傷つけかねないし、今度どんなしこりを残すのかもわからない。
「ねえ、いいでしょ。先生。お願いだよ」
 耕太が懇願するように言った。その格好に由布子の母性本能が反応した。
(もう……仕方ないわね)
「わかったわ、じゃあお願いするわね」
 由布子はそう言うと洗い椅子にどっかと腰を下ろした。彼女の肉の重みで椅子が軋んだ。
(す、すげえ……先生のお尻)
 その巨臀ぶりに思わず耕太は圧倒された。半分以上椅子からはみ出していた。
「ありがとう」
 耕太はそう言うとスポンジに石鹸をたっぷりとまぶした。彼にしてみれば初めて母親以外の女性の体を洗うのだ。しかもその相手が担任の相澤由布子である。緊張しないはずはない。
 スポンジを持った彼の手が震えているのがわかった。気のせいか彼の体も緊張しているようだ。
「大丈夫?」
 由布子が声をかけた。
「へ、平気です」
 声が若干うわずっていた。
「ちょっと落ち着こうか、耕太くん」
 由布子が笑顔で言った。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter