FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。13万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

潮風の香りの中で… 97

 その混浴相手の女性こそありさが差し出した携帯の画像に映っていた女性、松下理沙だった。
「彼女はね、無事に大学を卒業して近くの普代村の学校で教鞭をとっていたんだけど、母親が倒れてね、それで田老に戻ってきてるのよ」
「じゃあ本当に先生になったんだ」
 ありさの説明に正男は思わず言った。
 あの雨の日の光景が彼の脳裏にまざまざとよみがえってくる。ドラム缶風呂の中で彼女のオッパイを揉ませてもらったり、吸ったりしていたのだ。
「きょうのことは二人だけのヒミツよ」
 あのとき理沙はそう言った。だからあの日の混浴は正男も誰にも話していない。理沙も同様だろう。
 となると、ありさたちはどうやって彼女を説得したのだろうか。
「でも、いいの? そんなことしても?」
 正男はまだ半信半疑だった。
「心配ないわ。この”昼浴”は理沙から言い出したことなのよ」
「えっ!」
 正男は目を丸くした。
 すると、ありさが近づき、彼の耳にささやいた。
「雨の日のことは彼女から聞いてるわよ」
「……!」
 正男は思わず耳を疑った。ありさはあの日のことを理沙から聞きだしていたのだ。
「田老に戻ってきたんだけど、あいにく田老の小学校は職員の空きがなくてね。そこでうちで手伝ってもらっていたのよ。ある日私の携帯にある正男の画像を見て、思わず声を上げたの。それで不審に思って聞き出したのよ」
「ありさからそれを聞いてね。肝心の昼浴相手と学校問題をどうしようかと話し合っていたときだったから、一発で彼女の起用を決めたのよ。もちろん厳正なしおり姉さんの面接のあとにね」
 どうやら、すべての権利は長女のしおりが握ってるようだ。
「ほら、これが彼女からのメッセージよ」
 ありさは携帯を操作して、動画を見せた。
『坊や、いや正男くんだったわね。お久しぶりです。私のこと覚えているかな? 雨の日のお姉さんこと松下理沙です。あの言ってた通りに私は学校の先生になりました。お会いできるのが楽しみです。あと、あれからまたちょっと太りました。しっかり勉強していっぱいザブーンしましょうね』
 スーツ姿の彼女の動画だった。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

潮風の香りの中で… 96

『ズザアアアアアーッ』
 正男が彼女とドラム缶風呂に浸かると大量の湯が滝のように溢れ出た。
「すげえ、土間が湯浸しだ」
 大仰な溢れ方に正男は驚いた。
「いっぱい溢れちゃったわね」
 そういうと彼女はクスリと笑った。
 大きめのドラム缶とはいえ、巨肉美女と入ってるのだから自然に体が触れ合う。
「お姉さんのオッパイとお尻が大きいからだよ」
「あら、坊やのオチンチンだって立派だからじゃない」
 そういうと湯の中で彼女は正男のペニスを摑んだ。
「あっ」
 たちまち猛りだし、湯がザァーッとまた溢れた。
「すごいわね、お湯をザーッと溢れさせて勃起するなんて」
 彼女はうれしそうに言った。
「ねえ、お姉さん」
「なあに」
「オッパイ触っていい?」
「やっぱりませてるじゃないの」
 彼女はそう言うと頭をコツンとやさしく叩いた。
「ごめん」
「ふふ、いいわよ。なんだかキミとはまた一緒にお風呂に入りそうな気がするわ」
 正男の目の前に巨大なミルクタンクが湯に半分浮いている。
 彼は恐る恐る腕を伸ばした。指の先端が鴇色の乳首に触れる。
「あん」
 彼女は悩ましげな声を上げた。
 さらに乳肉に触れる。ずっしりと砂金のような重さだ。
「ご、ごめん」
 正男は慌てて手を引っ込めた。
「今日いっしょにおふろ入ったのは二人だけのヒミツよ」
 彼女はニッコリ笑って言った。

潮風の香りの中で… 95

「あわわ……」
 正男が慌てて手のひらで隠した。
「隠す必要ないわ。健康な男の子ならそれが当然だもの。あたしね小学校の先生になることを夢見て今大学に通っているんだけど、今の小学生ってませてるって聞いてるわ」
 彼女は隠している手のひらを自分の手で放しながら言った。
 芳醇な色香に混じって、母性が感じられた。
「え、そ、そんなことないと思うけど……」
「そうかしら、ならそうしておきましょう。さ、おいで」
 彼女の態度に正男の警戒感はすっかり拭い去られていた。
 手を差し出した彼女と手をつなぐ。
 そのまま奥のドラム缶風呂へと誘われていく。
「実を言うとね、男の人といっしょにお風呂に入るのは今日が初めてなのよ」
 彼女はやや恥ずかしそうに言った。
「じゃあ僕がお姉さんにとっては最初の男なんだ」
「そういうこと」
 彼女はにっこり笑って言った。
 適温の湯がドラム缶に張られていた。湯気がもうもうと立ち込めている。外の雨はやや弱くなってきたようだ。
「お姉さんお尻もでっかいんだね」
「見てたの?」
「さっきお湯をかき回していたときにチラッとね」
「キミってやっぱりませてるわね」
「そ、そうかな?」
「ま、都会の子だから仕方ないかもね」
 彼女はやれやれとした口調で言った。
「でもお姉さん」
「なあに」
「さっきから坊やって呼んでるけどぼく……」
「そこまでよ。お互い今日は名乗らないでおきましょう。坊やとはまたどこかで会いそうだからね」
 彼女はそう言って正男を抱き上げた。そのままドラム缶風呂の縁をまたぐ。
「お湯あふれちゃうね」
「ザーザー溢れるわ。それがドラム缶風呂の醍醐味よ」
 彼女はそういって笑った。

潮風の香りの中で… 94

 彼女のオッパイが重たげに揺れた。
「お姉ちゃんのオッパイ大きいなあ」
「ふふ、ありがと。ここへおいで」
 彼女は火のそばに正男を招いた。
 二人は火にあたりながら、服の乾くのを待つことにした。
 手が届きそうな距離に彼女のオッパイがある。
「坊や、いくつ?」
 ふいに彼女が聞いた。
「な、七歳です」
 正男はどもりながら答えた。
「七歳か……まあ、いいか」
 彼女が独り言のように言った。
「な、なにが?」
「服が乾くまでにはまだ時間がかかるわ。外の雨もやみそうにないから、ドラム缶風呂を沸かしたのよ。いっしょに入らない?」
「え、お風呂ですか?」
 正男は目を丸くして驚いた。
「ええ、嫌ならいいけど」
「とんでもないです!」
 あとで送ってもらう以上、機嫌をそこねたらまずいと正男はとっさに思った。
「じゃ、ちょっと見てくるわね」
 彼女はそう言うと立ち上がった。
 左側のドアを開ける。
 そこは土間になっていて、ドラム缶から湯気が上がっていた。土台はコンクリートブロックで作られていて、そこには薪がくべられていて、赤い炎がときおりのぞいていた。
 彼女は胸にひけをとらない大きな尻をこちらに向けて突き出している。そのエロチックさは園児でさえ勃起させかねないほど淫らだ。
「うん、ちょうどいいわ」
 彼女はそういうと正男のそばに戻ってきた。
「いらっしゃい坊や、お姉さんとお風呂はいろ」
 そういうと彼女は正男を抱っこした。
「あら、坊やのココどうしたのかな」
 彼女の視線は正男の大きくなったオチンチンに注がれていた。

潮風の香りの中で… 93

 それはまだ正男が小学校低学年の頃だった。
 夏休みに母に連れられて田老の実家を訪れたとき、たまたま宿題に昆虫採集があり、朝早く山へと向かった。まだ叔父と叔母が健在であったから、叔父のトラックに乗せてもらい山へと入った。
 前日カブトムシが来るために木に液を塗っていたので、お目当ての木には五匹ほどきていた。正男は昆虫採集キットを取り出し、網に一匹のカブトムシを捕まえた。
 ところが、帰る時に道を間違えたらしく、どこまで行っても見慣れたブロックの小屋にたどり着けない。おまけに霧雨まで降ってきた。
 正男は急に心細くなった。もう平気だからと言って、母のお供を断ったことを急に後悔しだした。やっと道に出られたものの、周囲の景色は彼が見たことのないものだった。おまけに海が全く見えないことも拍車をかけた。
 べそをかき始めた頃、そう遠くないところに一軒の小屋が見えた。そのそばには赤いオートバイが停まってるのも見えた。
 正男は助かったと思い、その小屋目指して駆け出した。雨脚は徐々に強くなってきて、このままでは風邪をひいてしまう。幼い彼でもそのことはわきまえていた。
 小屋に入るとちょうど大柄の女性がいた。あろうことか彼女は濡れた服を干して乾かしていた。それは正男が初めて見た大人の女の裸だった。
「誰?」
 彼女が咎めるような声を出した。
 正男は彼女の前に出た。
「坊や、どうしたの?」
 彼女は相手が子供とわかって安心したようだ。
「うわーん」
 正男はそのまま泣き出すと彼女の胸に飛び込んだ。彼の本能がそうさせたのだった。ホルスタイン級の爆乳を大きく揺れた。
「泣いてちゃわからないわ」
 彼女は困惑気味に言ったが、正男をしっかりと抱きしめてくれた。
 正男は正直に名乗り、山で迷子になった旨を話した。
「そうなの、じゃあとで田老まで送ってあげるわ。まずは体をあたためないとね」
 彼女はそういうと濡れた服を脱がせ、自分の服の横に干した。
「ここはお姉さんの小屋なの?」
 周囲を見て正男は言った。中は意外と頑丈にできている小屋で、とても物置小屋とは思えなかった。
「ええ、ここは私の別荘みたいなものよ。時々気分転換に来るの。今日は途中雨に降られてしまってね、服がびしょぬれになっちゃってね。この通りよ」
 彼女は裸を隠そうともせず、堂々として言った。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter