FC2ブログ

豊満巨女小説(The Novel of Voluptuous Large Woman)

溢れんばかりの爆乳爆尻を誇る豊満巨女が母性満開で癒します。爆肉風呂は最高のスキンシップ。14万アクセス突破!

フリースペース
 ここに、広告を掲載したり、検索エンジンで上位表示させたいキーワードを記入したり、ご自由にどうぞ!
 ※検索エンジン上位表示させるには、ページ上部に上位表示させたいキーワードを含む文章を記入する事が有効です!

2018/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

潮風の香りの中で… 107

 ぶッ、ぶぐッ、ぐぷッという淫音が響き渡る。しおりはたっぷりと唾をつけてねっとりと正男の肉棒をしゃぶっていく。
「あうう……」
 正男が思わず呻く。ペニスから伝わる凄まじい快感は幼い正男の脳をしびれさせるには十分だった。
「ふふ、オチンチンがピクピクしてきたわよ」
 しおりは上気してきた美貌をちらりとこちらに見せながら言うと、亀頭にチュッとキスした。
「うっ……」
 突き刺すように快感が全身に走る。
「これからはお姉さんたちがこうやってオチンチンをきれいにしてあげる。わかった?」
 しおりはまた蕎麦を啜るような淫音を響かせながら言った。
「う、うん……」
 正男はこくりと頷いた。
「それじゃ、ちょっと苦しいかもしれないけど一気にいくわよ」
 しおりはピッチを上げてしゃぶり始める。まるで火あぶりになったかのように急激に全身が熱くなっていく。
「あ、あ、あ、も、もう、出ちゃうよ」
「いいのよ、このまま姉ちゃんの口の中に思いきり出しなさい」
 しおりがさらにピッチを上げていく。咥えこむ音も大きくなる。
「う、うわぁぁぁぁぁぁぁ!」
 正男の絶叫とほぼ同時に熱い塊がしおりの口内で爆発した。しおりは一瞬ちらりと彼のほうを見たが、すぐに呑みこんでいった。
「ぜいぜい……」
 彼の息遣いが伝わってきた。同時にすっきりしたような安堵感も。
「どう、スッキリした?」
 残った精液をごくりとのみほしてしおりはたずねた。
「うん」
 正男も満足げに頷く。
「よかったわ、うふ、正男のミルクとってもおいしかったわよ」
 しおりは微笑して言った。
「あ、ありがとう、しおりお姉ちゃん」
「どういたしまして」
 ふいに眠気が正男を襲ってきた。普段ならもうとっくに寝ている時間である。
「お姉ちゃん、ぼく眠くなっちゃったよ」
「じゃあ風邪ひかないようにおフロ入ろうね」
「うん」
 増えていた湯をザザァーッと盛大にこぼして二人は湯に浸かった。しおりは正男を抱っこして浸かる形になった。
「お姉ちゃん、おやすみ」
「おやすみ」
 正男は安心したのかすぐに寝息が聞こえてきた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

潮風の香りの中で… 106

 ひんやりとした空気に包まれていた。同時に地下空間特有のじめじめとした湿気も二人を出迎えた。
 その中でコンクリート製のプラットホームは濡れていた。よく見るとところどころ地下水がにじんでいる場所もあった。
「意外と蒸し暑いのねえ」
 しおりがあたりを見回していった。
「地下鉄の駅と違うんだなあ」
 正男も言った。予想以上に蒸し暑かったからだろう。山奥の信号所に冷房施設なんてあるわけがないから、トンネルの中と一緒だ。
 コンクリートのせまいホームがあるだけで、時計やベンチなど一切ない。非常口の明かりが点る入り口はシャッターが下りていて、どこにも行き場所はなかった。
 結局ホームをぶらつくだけで二人は列車に戻った。
「ふう、なんか汗かいちゃったわね」
「そうだね」
 結局二人はまた浴室に戻った。貨物列車なので、他に行ける場所はない。
 二人はまた生まれたままの裸になった。
「しおりお姉ちゃんいい匂いがするね」
 しおりに抱っこされた正男が言った。
「汗臭くない?」
「ううん、そんなことないよ」
 正男はあわてて否定した。すぐ目の前にしおりの超特大なミルクタンクがふたつ迫ってきていて、圧倒されそうだ。
「ありがとう」
 そういうとしおりは正男をギュッと抱きしめた。若い娘特有の甘酸っぱいような香りが彼の鼻腔に広がっていく。
「あ、しおりお姉ちゃん、お、オチンチンが熱いよう……」
 見ると正男の股間はふたたび充血し、ムクムクとそそり立ちはじめていた。
「あらあら、もうミルクがいっぱいになっちゃったのね」
 しおりはそう言うと正男の股間に触れた。ジンジンとした感覚が手から伝わってきた。
「うう……」
 正男がうめき声をあげた。
「し、しおりお姉ちゃん、お、オチンチンが熱いよう……」
 正男はべそをかくような声で言う。
「これは“治療”が必要ね、すぐに楽にしてあげるわ」
 しおりは正男を壁に立たせて言うとと半ばうれしそうにいきり立った肉棒を咥えこんだ。

潮風の香りの中で… 105

 列車はトンネルの中を疾走していく。速度はだいたい60キロあまりしか出ていない。
 したがって窓が開いていてもそれほど冷たい風は入ってこない。
「よしよし」
 しおりは浴槽のへりに寄りかかりながら、正男に乳首を含ませていた。乳の香りが浴室内に漂っている。
「ふふ……」
 母性的な笑みを浮かべてしおりは微笑んだ。こうやってお乳を含ませているとまるで正男が自分の子供になったような妙な感覚だった。
「しおりお姉ちゃん」
 ふいに正男は顔を上げた。口のまわりにはたった今まで飲んでいたしおりの女乳がついている。
「なあに、お腹いっぱい?」
 正男はこくりと頷いた。
「そうか、よしよし」
 しおりは正男の頭を撫でながら微笑した。
 ふいに列車のスピードが落ちた。どうやらトンネルの出口が近づいたようだ。市道山トンネルを抜けたところに市道山信号場があり、その先は要倉山トンネルだ。ただし一帯は山深いのでこの2つのトンネルはそのまま地下でつながっている。この信号場が桧原村と八王子市の境目だ。
 列車はさらに速度を落とすと待避線へ入り、山の中の市道山信号場に停車した。インターホンが鳴る。
『しおり姉さん、聞こえる?』
 はるみからだった。
「ええ、聞こえるわ。停まったみたいね」
『ええ、交換のための停車らしいわ。6分くらいだって言ってるわ』
「わかったわ、ありがとう」
 しおりはそう言ってインターホンを切った。
「正男くん、6分くらい停まるそうよ。どう、降りてみる?」
「え、いいの?」
「ずっとお風呂場じゃ気が滅入るでしょ」
「う、うん……でも降りれるのここ?」
 市町境の山のトンネルの中である。
「まあ、なんとかなるでしょ、いきましょ」
「うん」
 二人は急いで服を着るとデッキに出た。

潮風の香りの中で… 104

 芳しい匂いと心地よさに正男が目を覚ますと、浴槽の中でしおりに抱っこされていた。ちょうどラッコのような格好で湯に浸かっている。
「あら、目が覚めたのね」
 うっすらと目を開けた彼の目には笑顔のしおりが見えた。
「あっ、しおりお姉ちゃん」
「気を失ってしまったから心配したけどよかったわ」
 彼女の言葉に正男はさっきまでのことを思い出していた。めくるめく快感の中で気を失ってしまったのだ。
「ご、ごめんね」
 彼の体にも列車の振動が伝わってくる。どうやら運転を再開したようだ。
「ねえ、お姉ちゃん、ぼくどれぐらい気を失っていたの?」
「そうねえ、かれこれ20分くらいね」
「そうなんだ……」
「ふふ、正男が目が覚ますちょっと前に運転再開したわよ」
 窓の外をトンネルの照明が飛び去っていくのが見えた。
「市道山トンネルの中よ。長いからまだしばらくかかるわね」
 しおりは窓の外を眺めて言った。時折レールの継ぎ目を通過するカタンカタンという音とモーターの轟音が響いてくる。
「気分はどう?」
「うん、大丈夫だよ」
 正男は彼女を安心させるように言った。
 浴室の窓は開いているものの、二人とも湯舟の中にいるので寒さは感じられない。
「ああ、いいお湯……」
 正男の言葉を聞いて安心したのかしおりがゆったりと感じで言った。
「ねえ、しおりお姉ちゃん」
「なあに」
「なんだかママとお風呂に入ってるような感じがしてきたよ」
 正男がしんみりと言った。
「ごめんね、ママを思い出しちゃったのね」
 しおりは言った。なんといっても正男はまだ小学生なのだ。親離れするには早すぎる年齢である。
「ううん、いいんだよ」
 正男は彼女を安心させるようににっこりと笑って言った。

潮風の香りの中で… 103

 子供とは思えないほど屹立していた。
「オチンチン、すっごい元気だね」
 しおりはうれしそうに言った。
「いやだよぉ、普段のオチンチンに戻してよぉ」
 正男はべそをかきながら言った。
「わかったわ」
(本当はもうちょっと眺めていたいんだけどな……)
 若干残念に思いながらもしおりは頷いた。
「口で吸い出すよりも、今回はお風呂だからオッパイで吸い出してあげるわ」
「え、そんなことができるの?」
 正男は目を丸くして聞いた。
「うん、アタシはお姉ちゃんだからね。ふふ、こうするのよ」
 しおりは巨大すぎるバストで彼のペニスを挟み込んだ。これまで経験したことのない凄まじい快感が正男を包み込む。
「……!」
 正男は声にならない雄たけびを上げた。
「どう、気持ちいいでしょ。このオッパイでの“治療”をパイズリっていうのよ」
「な、なんか熱くて、すごいよ……」
 呻きながら正男は言う。
「これでね、正男の悪い血がぜんぶオチンチンに集まってくるの」
 しおりは乳肉に挟み込んで肉棒を擦りつけた。
「う、ううっ……」
「ほら、こうやってオッパイですると気持ちいいでしょ」
「な、なんだか空を飛んでるような感じだよ」
「でしょ。こうやってやるとね、オチンチンも成長するのよ」
「え……」
 正男はもう上の空だった。まるで怒涛のように襲う快感の波に身も心も翻弄されていた。
「あああ、あ、あついよー、あああ」
 正男が絶叫した途端、彼の肉棒は凄まじい勢いで熱く滾ったものをしおりのバストに炸裂させた。
 同時にこれまでにない快感が彼を襲う。
「すごいわ、正男、あらいっちゃったみたいね」
 ぐったりとなった正男をしおりは支え、微笑んだ。
 聖母のような笑みだった。

ただいまの時刻

プロフィール

巨女風呂

Author:巨女風呂
超豊満女性とお風呂が好きな人間。
こんな嗜好の持ち主なので、小説には必ず巨女とのお風呂シーンが出てきます。豊満・極太美女らによる湯船のお湯を豪快に溢れさせる「お風呂ザブーン」の描写が多々出てきますので、ご了承ください。
 ついったー始めました。お気軽にどうぞ!
https://twitter.com/kyojoburo1

Author: KYOJOBURO
I like very Voluptuous Large women bathing.
Since the owner of this preference, the novel comes out and they always bathing scene.
Large amounts of flood water in the tub very voluptuous large women "Ofuro Zabun" pretty much describe it, please read carefully.

Twitter
https://twitter.com/kyojoburo1

メールフォーム

ご意見・ご感想はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の連載作品一覧

でじたるbookにて販売中です。

豊満女教師 美由
豊満看護士 玲奈
豊満保育士アンナ運命迎合編
豊満女教師 美由 第2章
義姉 葉子

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

↑よければクリックお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

携帯電話の方はこちらからどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

FC2アフィリエイト

Pacific Girls.COM

FC2アフィリエイト

国内格安航空券サイトe航空券.com

FC2アフィリエイト

FC2コンテンツマーケット

ブログ内検索

RSSフィード

FC2アフィリエイト

FC2動画

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FLAG Counter

Flag Counter